メインメニューを開く

たらこスパゲッティは、たらこを最も主要な具材として用いたスパゲッティ料理である。

たらこスパゲッティ
Tarako spaghetti.jpg
種類 パスタ
発祥地 日本の旗 日本
地域 東京都
考案者 成松孝安
誕生時期 昭和38~42年(1963年1967年
主な材料 スパゲッティたらこ
Cookbook ウィキメディア・コモンズ
テンプレートを表示

目次

起源編集

1963年から1967年頃、東京都渋谷区にあるスパゲッティ専門店の老舗「壁の穴」[注釈 1]で、常連客であったNHK交響楽団ホルン奏者の千葉馨の「演奏旅行の土産にキャビアを持ってきたので、これでスパゲッティを作ってくれ」という要望を切っ掛けとして店主の成松孝安が考案したレシピである[1]。キッカケとなったキャビアを加えたスパゲッティは大変美味であったが、高級食材のキャビアを日常的に店で出すことはできなかったため、安価な代替品を探した結果として、たらこを用いて作られるようになった[2]。上に振りかけられる海苔は、茶漬けに着想を得ているという。

製法編集

 
明太子スパゲッティ
 
インスタント食品としても出回っている

ほぐした生のたらこバターこしょうレモンの絞り汁などとともに茹で上げたスパゲッティにからめ、最後に刻み海苔を上からかける。粉状にした昆布を混ぜるレシピがオリジナルである。日本人の嗜好に合ったためか、近年それがたちまち日本に定着していき、いわゆる和風のスパゲッティという新しいジャンルの代表的なメニューとなった。その後様々なアレンジが加えられ、例えば生クリームチーズマヨネーズを使うものや、たらこのかわりにほぐした辛子明太子を加えたソースを茹でたスパゲッティの上にかけたものもある(明太子スパゲッティ)。刻んだ紫蘇の葉などをのせる場合もある。

また、たらこ(辛子明太子でも可)本来の味を楽しむにはオリーブ・オイルとたらこ(辛子明太子)を混ぜ、それに茹で上げたスパゲッティを加える作り方もある。余分な材料を加えず、スパゲティの持つ熱だけで行う調理だが、奥行きのある味わいを楽しむことができる。

魚卵を加えるスパゲッティは世界的に見ても珍しい。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 日本がまだアメリカの統治下にあった時代、CIAの日本支局長ポール・ブルームのハウスキーパーをしていた成松は、契約満了の際にブルームの支援でスパゲッティ専門店「Hole in the Wall」を新橋に開店した。その10年後の1963年、渋谷への移転を機に屋号は「壁の穴」へと改められた。

出典編集

参考文献編集

  • 菊地武顕『あのメニューが生まれた店』平凡社、2013年11月。ISBN 978-4582634860

関連項目編集