メインメニューを開く

ちゃんこ番とは、相撲力士が食べる食事を作る当番のこと。

ちゃんことは、相撲力士の食事全般を指す。相撲部屋では一度に大量の食事を作りやすいことから鍋料理を食べる場合が多く、それが広く知れ渡ったのがちゃんこ鍋であるが、相撲の世界では鍋料理以外の食事についても全て「ちゃんこ」と呼ぶ。

相撲部屋でのちゃんこ番は、主に幕下以下の力士が交代で行う。この経験が長い者がちゃんこ長として後輩達の指導をしたりもする。そのため相撲界では、料理がうまいやつは出世できないとも言われている。これは正確には、関取になれずに長く幕下以下でちゃんこ番を務めているうちに料理が上手くなって行くことを表したものであり、結果として出世できない者に料理がうまい者が多くなるという意味である。長くちゃんこ長を務めた力士の中には、相撲部屋で身に付けた調理の技術を活かして、力士引退後にちゃんこ料理屋を開業する者もいる。