メインメニューを開く

つんつべ♂』は、2011年7月1日から2018年10月31日まで東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)で放送されていた音楽番組[注釈 1]。2013年7月以降の放送時間は隔週木曜25:30 - 26:00(金曜01:30 - 02:00)[2]

つんつべ♂
ジャンル 音楽番組
出演者 つんく♂シャ乱Q
プロデューサー 生方信堂・福原慶匡
制作 TOKYO MX
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
TOKYO MX * 「つんつべ♂」
2011年7月から2012年3月
放送期間 2011年7月1日 - 2012年3月30日
放送時間 金曜日 26:00 - 26:30
放送分 30分
2012年4月から
放送期間 2012年4月6日 - 2012年12月28日
放送時間 金曜日 25:30 - 26:00
放送分 30分
2013年1月から
放送期間 2013年1月3日 - 2013年6月27日
放送時間 木曜日 25:30 - 26:00
放送分 30分
2013年7月から
放送期間 2013年7月4日 - 2018年10月31日
放送時間 隔週木曜日 25:30 - 26:00
放送分 30分

つんく♂の冠番組であり、つんく♂自身がエグゼクティブプロデューサーを務め、メインパーソナリティーとしてレギュラー出演していた[3]

目次

概要編集

つんく♂が日本のエンターテインメントを広く紹介していくという趣旨の番組[3]。さまざまな職業の美少女たちがつんく♂の考えたプログラムを実行していく[4]

また、この番組はYouTubeでも見ることができる[5]。リアルタイムで見ることは出来ないが、番組のアーカイブがアップロードされるという形をとっている[3]

スタッフ編集

  • プロデューサー:生方信堂・福原慶匡
  • アシスタントプロデューサー:石伐明日香
  • 制作:橋本達也
  • 番組制作:株式会社ジラフ

公開収録編集

2011年8月3日、浅草コシダカシアターで当番組の公開収録が初めて行われた[6][7]。収録にはつんく♂の他、各種女性アイドルが14名参加[6][7]。つんく♂プロデュースの『真剣 女の陣 ザ☆キラー・コンテンツ!』で行われた「ゴロゴロベッド対決」などが行われた[6][7]。行われた対決は以下の通り[6][7]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ つんく♂自身は「音楽番組」と述べているが、それに対しさわやか五郎は「バラエティじゃないんですか?」と聞き返している[1]

出典編集

  1. ^ (日本語) 2011年8月5日オンエアー『つんつべ♂』バックナンバー#6 (テレビ番組). (2011年8月5日). 該当時間: 12分06秒 - 12分15秒. http://www.youtube.com/watch?v=A2KDyfeXbqE&t=12m06s 2011年8月11日閲覧。 
  2. ^ つんつべ♂のブログ”. 2013年7月6日閲覧。
  3. ^ a b c つんく♂監修のエンタメ情報番組「つんつべ♂」、MXで7/1日から放送開始(Musicman-NET)”. エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社 (2011年6月30日). 2011年8月11日閲覧。
  4. ^ つんつべ♂”. TNX. 2013年1月27日閲覧。
  5. ^ つんく♂ (2011年7月5日). “つんつべ♂(つんく♂オフィシャルブログ 「つんブロ♂芸能コース」 powered by アメブロ)”. サイバーエージェント. 2011年8月11日閲覧。
  6. ^ a b c d つんく♂プロデュース番組「つんつべ♂」が初の公開収録を敢行!アイドルたちがあられもない姿に(CDJournal.com)”. 株式会社音楽出版社 (2011年8月4日). 2011年8月11日閲覧。
  7. ^ a b c d 『つんつべ♂』初の公開収録はアイドル達がベッドでゴロゴロセクシー対決(BARKS)”. ITmedia (2011年8月5日). 2011年8月11日閲覧。

外部リンク編集

TOKYO MX 金曜 26:00 - 26:30
前番組 番組名 次番組
テレビショッピング
つんつべ♂
(2011.7.1 - 2012.3.30)
TOKYO MX 金曜 25:30 - 26:00
MXショッピング
つんつべ♂
(2012.4.6 - 2012.12.28)
MXショッピング
TOKYO MX 木曜 25:30 - 26:00
MXショッピング
つんつべ♂
(2013.1.3 - 2018.10.31)
-