ぷらイム(Prhymx)は、2006年10月27日シャルトルーズでの演奏会を機に結成された、テルミン演奏者大西ようことギター&ヴォーカルを担当するぷらのユニット。

演奏編集

通常はテルミンとギター&ヴォーカルというユニットで演奏するが、年に1回ゲストを招いての演奏会、ぷらイム迎賓館も行なっている。

  • 第1回
    2009年2月14日 松本記念音楽迎賓館(世田谷)
    バレンタインに送るマリンバとテルミンの調べ
    マリンバ - 吉岡 孝悦
  • 第2回
    2010年1月30日 すみだトリフォニー小ホール(墨田区)
    ぷらイム迎賓館 〜with 野谷恵[1]
    ピアニスト - 野谷 恵

CD・DVD編集

  • 『 弐ノ月・蒼 〜 Once in a Blue Moon 〜 』 2007年10月制作
  • 『 燦々・碧 〜 The 3rd Album 〜 』 〜 9台8種類のテルミンによる 〜 2010年1月制作
    平成22年度(第65回)文化庁芸術祭参加作品[2]

メンバー編集

  • 三谷郁夫(ぷら) ギター&ヴォーカル
    2歳の時、ラジオから流れるフランク永井の『夜霧の第二国道』を節回しまで完璧にコピーし、周囲を驚かせる。
    1973年TBSテレビ銀座NOWヤングコンテストにて第2代グランドチャンピオン。
    その後弾き語り、ラジオCMソング等で活躍し、1981年『よわむし』(コロンビアレコード)リリース。
  • 大西ようこ(ようこ) テルミン
    お茶の水大学東京大学大学院で物理学を学び、後にロシアの物理学者テルミン博士の発明した「テルミン」と出会い、テルミン奏者となる。やの雪竹内正実に師事。
    ソロや、デュオで活躍の他、やの雪率いるテルミンオーケストラに参加。
    実相寺昭雄監督の遺作となった「シルバー假面」のサントラや、テレビアニメの効果音等でもテルミンを弾いている。「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビ)「妖逆門」(テレビ東京)

身体表現としてのテルミン演奏に、早くから強い関心を持ち、日本で初めてYouTubeにテルミンの演奏動画を載せたのは、大西ようこである。[要出典][3]

大船の私立清泉女学院高等学校にて、定期的にテルミンの授業を行い、後進の育成にもつとめている。

脚注編集

  1. ^ クラシック音楽情報誌『ぶらあぼ』2010年1月号「今月の注目公演」にピックアップ
  2. ^ 平成22年度(第65回)文化庁芸術祭 参加作品一覧 レコード部門 30作品
  3. ^ これは本人から聞いた話で、筆者もYouTubeの動画を調べてみたけれども、大西ようこの2006年05月14日より古い日付の日本人によるテルミン演奏動画は見つからない。もし、筆者が寡聞にして知らないだけであったら、是非ご指摘いただきたい。

外部リンク編集