ほうれい線ほうれいせん漢字表記: 豊麗線法令線豊齢線[1])とは、ヒトの両脇からの両端に伸びる2本の線。しわでは無く、頬の境界線である。

ほうれい線

医学関連分野(美容外科学も含む)の専門用語では鼻唇溝びしんこう[2]と呼ばれる。

概説編集

ほうれい線は主に加齢によって中年以降に目立ち始めることが多く、若年期までは目立たない人もいる。ほうれい線の深さは見た目の年齢を大きく左右する。

原因編集

原因としては以下のものが挙げられている[要出典]

名前編集

語源は中国の面相学における「法令紋」に由来する[3]。「豊麗線」、「豊齢線」は当て字。「頬齢ほおれい線」という表記も見られるが、語源的には誤りである。英語では「笑顔の線」を意味する「smile lines」や「笑いの線」を意味する「laugh lines」などと言う。

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 豊麗線”. デジタル大辞泉 - goo辞書. NTTレゾナント. 2009年12月9日閲覧。
  2. ^ : nasolabial foldWeblio英和対訳辞書. “nasolabial fold”. Weblio辞書. 2010年4月8日閲覧。
  3. ^ goo辞書

関連項目編集