メインメニューを開く

ほんだら剣法』(ほんだらけんぽう)は、大映が1965年に製作した映画である。

ほんだら剣法
監督 森一生
脚本 笠原良三
原作 野村胡堂
出演者 犬塚弘本郷功次郎坪内ミキ子
音楽 大森盛太郎
主題歌 『ほんだら剣法』 
撮影 今井ひろし
配給 大映
公開 1965年12月11日
上映時間 86分
次作 ほんだら捕物帖
テンプレートを表示

目次

概要編集

カラー、ワイド。主題歌は『ほんだら剣法』。犬塚弘主演の『ほんだらシリーズ』第1作。

原作は野村胡堂エノケン主演の『磯川兵助功名噺』のリメイクでもある。

ポスターのキャッチコピーは『無責任よさようなら、出世したけりゃゴマするな!マジメで行こうほんだら侍!』である。

ストーリー編集

仙台伊達藩に磯川兵助という馬鹿正直な若侍がいた。彼は2メートルにおよぶ刀を振回すほんだら剣法の使い手だった。ある日、兵助は首吊り自殺寸前の娘を思いとどまらせた。兵助はその娘・お袖を助けることにしたが、実は兵助には津絵という相手がいた。黒崎栄太郎は兵助と津絵の関係を知っており、兵助闇討ちを計ったのだが…。

スタッフ編集

キャスト編集

主題歌編集