まく子

まく子』(まくこ)は、西加奈子による日本小説、及びそれを原作とした2019年公開予定の日本映画

まく子
著者 西加奈子
イラスト 西加奈子[1]
発行日 日本の旗 日本 2016年2月25日
発行元 日本の旗 日本 福音館書店
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 253
コード ISBN 978-4834082388
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

目次

概要編集

2015年に『サラバ!』で第152回直木三十五賞を受賞した西加奈子が『サラバ!』以前から書き温め、2016年に発表した作品である[1]。装画と挿絵も西の自筆である[1]。版元が児童向けの出版物を扱う福音館書店ということもあり最初は子ども向けに「成長」や「死」について書こうとしていた作品だったが、『サラバ!』を書きあげた後に自分が疑問に思っていることを素直に書こうと考えを改め、大人も含めた作品に仕上がった[2]

あらすじ編集

みんなが顔見知りの小さな温泉街に住む小学5年生の慧は、大人になりたくないという気持ちを抱えながら最近自分の体の変化を感じていた。慧はあるとき、美人な転校生のコズエと出会う。みんなが幼馴染のクラスの子どもたちからはコズエは一目置かれる存在だったが、彼女はとても変わった女の子で何でもまくことが大好き。小銭や砂利、ホースの水、なんでもまき散らした。慧は大人っぽいコズエを意識し最初は距離を置いていたが、そんな彼女に徐々に惹かれていき会話をするようになる。そしてあるとき彼女は慧にとても不思議な秘密を打ち明ける。そこから慧は少しずつ大人に近づいていくのだった。

書籍情報編集

映画編集

2019年公開予定。監督は鶴岡慧子、14歳の山崎光が映画初主演を務める[3]

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 西加奈子、直木賞受賞後第一作『まく子』は「かつて子どもだった大人のほうが楽しめる、びっくりできる小説」”. ダ・ヴィンチニュース (2016年3月5日). 2018年5月16日閲覧。
  2. ^ 吉田大助 (2016年2月10日). “西加奈子さんインタビュー”. BOOK SHORTS. 2018年5月16日閲覧。
  3. ^ 西加奈子原作「まく子」が映画化 主演は14歳・山崎光、ダメ父役に草なぎ剛”. 映画.com (2018年5月16日). 2018年5月16日閲覧。

外部リンク編集