2019年(2019 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、火曜日から始まる平年。この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。

千年紀: 3千年紀
世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
十年紀: 1990年代 2000年代 2010年代 2020年代 2030年代
: 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年 2022年

目次

他の紀年法編集

カレンダー編集

予定編集

1月編集

2月編集

3月編集

4月編集

5月編集

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

10月編集

11月編集

12月編集

日付が未定なもの編集

政治編集

各国の選挙編集

元首等の選挙編集

当年実施見込みの任期満了による各国元首等の選挙(【】内は任期満了日、出典は公式発表後でよい)

※翻訳求む

日本の選挙編集

当年実施見込みの任期満了による日本の選挙(【】内は任期満了日・満了日基準で記載[15]、出典は選挙管理委員会からの発表後でよい、概ね6か月~3か月前に出る)

宮崎県知事選挙は2018年の投開票です。

周年編集

イベント編集

経済編集

  • インドの人口が中国を超えると予想される。
  • MacintoshSystem6の時間表示が初期化される。
  • 再生医療が発達し、患者の細胞から作製した臓器を患者に移植出来るようになる(文部科学省科学技術政策研究所の未来技術予測)。
  • IBMが、少なくとも1社にのみ行っていたOS/2のメンテナンスを終了。

芸術・文化・ファッション編集

小説編集

誕生編集

没年編集

ノーベル賞編集

フィクションのできごと編集

脚注編集

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ “東洋ゴム工業が黒字転換 来年1月、社名変更へ”. デイリースポーツ. (2018年2月15日). https://www.daily.co.jp/society/economics/2018/02/15/0010988822.shtml 2018年2月19日閲覧。 
  2. ^ 《連続テレビ小説100作目 決定》ヒロインは広瀬すず! 夢と冒険、愛と感動のドラマNHK。
  3. ^ “皇室会議についての会見”. 首相官邸ホームページ. 首相官邸. (2017年12月1日). https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201712/01kaiken.html 2017年12月1日閲覧。 
  4. ^ a b “天皇陛下退位日、19年4月30日決定 翌日から新元号”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. (2017年12月1日). http://www.asahi.com/sp/articles/ASKCZ6TBXKCZUTFK015.html 2017年12月1日閲覧。 
  5. ^ “2019年 G20福岡財務大臣・中央銀行総裁会議” (プレスリリース), 福岡市, (2018年6月29日), http://www.city.fukuoka.lg.jp/soki/g20-1/shisei/G20fukuoka.html 2018年7月22日閲覧。 
  6. ^ “2019年G20サミットの開催日程, 開催する関係閣僚会合及びその開催地の決定” (プレスリリース), 外務省, (2018年4月2日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_005876.html 2018年7月21日閲覧。 
  7. ^ ICOM KYOTO 2019(第25回国際博物館会議京都大会)
  8. ^ 大会日程”. いきいき茨城ゆめ国体. いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会 実行委員会事務局. 2018年3月21日閲覧。
  9. ^ “首相「リーマン級なければ増税」 消費税率10%”. 日本経済新聞. (2017年9月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H65_W7A920C1PP8000/ 2017年10月7日閲覧。 
  10. ^ “新天皇の即位を宣言する儀式、2019年10月22日に”. HUFFPOST. (2018年3月30日). https://www.huffingtonpost.jp/2018/03/30/2019-tenno-sokui_a_23399095/ 2018年3月31日閲覧。 
  11. ^ 豪「エアーズロック」、19年から登山禁止に 「ディズニーランドではない」”. AFPBB NEWS (2017年11月1日). 2017年11月2日閲覧。
  12. ^ “ルーマニアに新駅「トウキョウ」 地下鉄にと外相が表明”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2013年2月27日). http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013022601002616.html 
  13. ^ “地下鉄新駅「トウキョウ」に=ルーマニア外相、日本のODA評価”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 時事通信社 (ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン). (2013年2月27日). オリジナル2013年6月25日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/epgFT 
  14. ^ セブン-イレブンの沖縄県への出店を決定 (PDF) - 株式会社セブン-イレブン・ジャパン:ニュースリリース 2017年6月9日
  15. ^ 現職知事一覧全国知事会。(知事のみ出典)
  16. ^ 北欧作家の遺作小説「ミレニアム」、続編売行き好調で続・続編もロイター2015年10月15日2016年10月29日閲覧
  17. ^ Vol.81 THE 地球防衛軍2”. SIMPLE2000シリーズ. ディースリー・パブリッシャー. 2013年9月16日閲覧。
  18. ^ 川原礫 『絶対ナル孤独者1 ー咀嚼者 The Biterー』 KADOKAWA アスキー・メディアワークス2014年、22・23・129・130・149 - 153・158 - 160・199 - 202頁。ISBN 978-4-04-866510-0
  19. ^ STORY - 『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドIII』公式サイト(インターネットアーカイブ)。2006年4月30日、2018年2月2日閲覧。
  20. ^ 大友克洋 『AKIRA PART 1 鉄雄』 講談社1984年、8・9頁。ISBN 978-4-06-103711-3
  21. ^ “実写版「AKIRA」監督は「アンノウン」ジャウム・コレット=セラ”. 映画ドットコム. (2011年7月15日). http://eiga.com/news/20110715/20/ 2011年7月22日閲覧。 
  22. ^ ジョー・ホールドマン 『擬態 ーカムフラージュー』 早川書房2007年、8 - 13・18・19・26 - 33・82頁。ISBN 978-4-15-208818-5
  23. ^ 有川浩 『図書館戦争シリーズ1 図書館戦争』 角川書店2011年、17 - 19頁。ISBN 978-4-04-389805-3
  24. ^ 作品概要”. 「図書館戦争」公式サイト. 2013年9月16日閲覧。
  25. ^ 伊藤計劃 『ハーモニー〔新版〕』 早川書房、2014年、36・164・195頁。ISBN 978-4-15-031166-7
  26. ^ 『ブレードランナー』あらすじ”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2013年9月16日閲覧。
  27. ^ 朱白あおい 『乃木若葉は勇者である 下』 KADOKAWA、2017年、205・220頁。ISBN 978-4-04-892857-1

関連項目編集