みずのき美術館(みずのきびじゅつかん)は、京都府亀岡市にある障害者支援施設みずのきの絵画教室(1964年〜2001年)から生まれた作品約2万点の所蔵と展示、そしてアール・ブリュットの考察を基本に据えた美術館である。2012年に開館。作品展示やワークショップなど、様々な発信方法で企画を行っている。[1][2]

概要編集

運営母体は、社会福祉法人松花苑。大正時代に建てられた木造二階建ての元理髪店をリノベーションしたもの。松花苑が運営する障害者支援施設「みずのき」の絵画教室で入所者が描いた絵画作品は、亜細亜では初めてスイスのアール・ブリュット・コレクションへ永久所蔵されている。みずのき美術館では、「みずのき絵画教室」の絵画作品約2万点を含む膨大な資料をデジタル・アーカイブしている。[3]美術館の所蔵作品は、作品の画力の高さに加え、「アール・ブリュット」と「障害者の美術教育」という双方の視点から、美術関係者、福祉関係者を問わず、高い関心を集めている。[4]

住所編集

  • 京都府亀岡市北町18

TEL

アクセス編集

利用案内編集

  • 開館時間 10:00 ~ 18:00 (最終入館時間 17:30)
  • 夜間開館なし
  • 入場料 通常時: 有料
  • 特別展示料: 無料

車椅子対応トイレあり。

  • 休館日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日

木曜日が祝日の場合は開館。 また展示替え期間、お盆、年末年始は休館。

評価編集

「Casa BRUTUS 特別編集 世界のベストミュージアム」マガジンハウス、2017年、p.223の「日本のBEST美術館総括」(展示部門)で、足立美術館出光美術館岡田美術館、清里現代美術館、霧島アートの森信州高遠美術館札幌芸術の森美術館広島市現代美術館横浜美術館と並んで54位にランクしている。

脚注編集

  1. ^ 美術館について”. みずのき美術館. 2022年6月5日閲覧。
  2. ^ みずのき美術館”. 関西文化.com. 2022年6月5日閲覧。
  3. ^ みずのき美術館”. 美術手帖. 2022年6月5日閲覧。
  4. ^ 奥山理子. “みずのき美術館 保存と記録の取り組み”. AMeet(社団法人NISSHA財団). 2022年6月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集