メインメニューを開く
荷物 (日本郵便) > ゆうパケット

ゆうパケットは、日本郵便株式会社により提供されている、郵便に含まれない運送サービス。 ゆうメール同様、第一種郵便物ではないので信書の送達に利用することは出来ない。

当初は、あらかじめ契約が必要な事業者向けサービスだった。2016年10月1日のサービス拡充に伴い事前契約は不要となった[1]

概要編集

インターネット通販等を展開している事業者向けに2014年6月1日に開始された、小型物品等配送用[2]のサービスである。当初は年間500個以上発送する事業者向けで、事前の契約が必要だった。2016年10月1日からは、事前契約不要となり、基本運賃(サイズ制)が導入された。それに伴い、「荷物」扱いである、主に個人向けで均一料金のポスパケットは廃止となった。

サービス内容編集

利用条件編集

  • 長さ・幅・厚さの合計が60cm以内、かつ、長さ34cm以内、厚さ3cm以内。(ただし、特例ゆうパケットにあっては、厚さ7cmとすることがあり、数量割引を適用するものにあっては、長さ60cm以内、かつ、長さ、幅及び厚さの合計が90cm以内とすることがある。[3]
  • 重量1kg以下。(ただし、特例ゆうパケット又は数量割引を適用するものにあっては、3kg以下とすることがある。)
  • 運賃は、厚さ1cmまで250円、2cmまで310円、3cmまで360円(税込)
    • 専用の宛名ラベルが用意される。
  • ゆうメールと異なり、印刷物・電磁的記録媒体以外も送ることができるが、荷物一梱包の価格が運賃の範囲内の賠償では補償し得ないものの送付は不可[4]
    • 内容物に関する簡単なあいさつ状、請求書などの無封の添え状や送り状は同封することができる。
    • 現金、貴金属等の貴重品、爆発物・毒劇物等の危険物は不可。
  • 日本郵便株式会社Webサイトの「郵便追跡サービス」を利用できる。
  • 着払いも利用できる。(着払い手数料21円が受取人に追加課金される)

差出方法編集

全国の郵便窓口、または郵便ポスト(郵便差出箱)に投函する。

オークションサービスのヤフオクでは「ゆうパケット(おてがる版)」、メルカリでは「ゆうゆうメルカリ便」の名称で、匿名配送を提供している。

配達方法編集

原則として陸送、船便による。ただし沖縄宛特殊扱い(翌配ワイド)のみは、航空搭載禁止品でない限り航空輸送となる。

手渡しではなく、郵便受箱等に投函される。ゆうメールと異なり、日曜・祝日を含め365日毎日配達が行われる。遠方・離島等を除き、差出日の翌日から翌々日に配達される。

補償(損害賠償)編集

損害賠償は運賃の範囲内でしか行われない[5]

大口割引編集

年間500個以上発送することが条件であり、契約時に運賃は個別に規定されている[要出典]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ゆうパケットのサービス拡充 - 日本郵便(2016年8月1日)
  2. ^ 小型物品配送向けサービスの拡充 ~ゆうパケットの取扱開始~ - 日本郵便(2014年5月21日)
  3. ^ ゆうパケット約款 「ゆうパケット運賃料金表」。
  4. ^ ゆうパケット約款 第6条(6)ウ (PDF)”. 日本郵便 (2016年10月1日). 2016年12月26日閲覧。
  5. ^ 前出 ゆうパケット約款 第31条。

関連項目編集

外部リンク編集