ろう接(鑞接、ろうせつ、brazing and soldering)は、金属接合する方法である溶着の一種。接合する部材(母材)よりも融点の低い合金であるろう(鑞)を用いて、母材を溶融させずにぬれ現象で接合する手段の総称である。

基本的に溶接と比べ強度は劣るが、異種素材同士の溶接は困難であるため、必要に応じて用いられる。

ろう接に用いられるろう(鑞)には、融点が450℃以上の硬ろう(硬鑞、こうろう)と、450℃未満の軟ろう(軟鑞、なんろう)がある。軟ろうにははんだが用いられる。これにより、ろう接は次の二つに区別される。