アイゴー (아이고) は朝鮮語感嘆詞。元々は朝鮮語固有の語であるため、本来漢字表記は存在しない。古い書籍などでは漢字で「哀号」と書かれているものもあるが、日本で作られた当て字である。「哀号」を朝鮮語読みにすると「애호(エホ)」になる。

アイゴー
各種表記
ハングル 아이고
漢字 なし
発音 アイゴ
ローマ字 Aigo
テンプレートを表示

用法は多彩で、泣き叫ぶとき、びっくりした時、がっかりした時、くやしい時、あきれた時など、感きわまった時に用いられる場合が多いが、溜息をつく時(日本語の「はー」、「やれやれ」)などにも用いられる。男女の区別はないが、口語だけに微妙なニュアンスをともなう。

葬式を盛り上げるために呼ばれる泣き女は「アイゴー、アイゴー」と泣き叫ぶ。

叫び声といっても、日常会話で "おお、よくやった!" といった場合の "おお" も該当し、これを朝鮮人は "アイゴ チャルテッタ!" (아이고 잘 됐다) と言う。

現在の韓国では、特に若者の間の話し言葉として、泣き叫ぶとき以外には "アイグ" (아이구) ということも多い。