アウグスタ・コンスタンティア・フォン・コーゼル

アウグスタ・コンスタンティア・フォン・コーゼルAugusta Constantia Gräfin von Cosel, 1708年2月24日 - 1728年2月2日)は、ポーランドザクセンの統治者アウグスト強王と、愛妾のコーゼル伯爵夫人アンナ・コンスタンティアの間の最初の非嫡出子。結婚に伴いフリーゼン伯爵夫人Gräfin von Friesen)。

アウグスタ・コンスタンティア・フォン・コーゼル
Augusta Constantia von Cosel
Augusta Konstancja Cosel.jpg

出生 (1708-02-24) 1708年2月24日
死去 (1728-02-02) 1728年2月2日(19歳没)
埋葬 ドレスデン郊外、シェーンフェルト教会
配偶者 ハインリヒ・フリードリヒ・フォン・フリーゼン
子女 アウグスト・ハインリヒ
家名 ヴェッティン家アルブレヒト系
父親 ポーランド王アウグスト2世
母親 コンスタンティア・フォン・コーゼル
テンプレートを表示

生涯編集

母が父王の失寵を蒙って1713年ザクセン宮廷から追放されると、アウグスタ・コンスタンティアと弟妹はホルシュタイン地方の母の実家デーペナウドイツ語版荘園に預けられ、母方祖母アンナ・マルガレーテ・フォン・ブロックドルフの手で養育された。

1721年からは、当時のザクセン宮内長官で後に内閣府大臣となるヴォルデマール・フォン・レーヴェンダールドイツ語版男爵(アウグスト王の従兄でもあった)とその妻ベネディクタ・マルガレータドイツ語版に引き取られて育った[1]

1725年、17歳の時に27歳年長の外交官ハインリヒ・フリードリヒ・フォン・フリーゼンドイツ語版伯爵と結婚[2]。夫は当時鷹場長官(Oberfalkenmeister)で、後に歩兵大将に昇進する。父アウグスト強王は自分の娘に相応しい婚礼とすべく、ピルニッツ城ドイツ語版で3日間に及ぶ結婚披露宴を催した。婚礼自体はザクセン宮廷首席説教師ドイツ語版ベルンハルト・ヴァルター・マルパーガードイツ語版が司式を務め、アウグスト強王臨席のもと1725年6月3日に行われた。この婚礼時の説教の原稿の写しがバイヤーナウムブルク城ドイツ語版の文庫に保管され、この写しは現在ザクセン=アンハルト州立公文書館ドイツ語版ヴェルニゲローデ出張所にて管理されている[3][4]

アウグスタ・コンスタンティアは短い結婚生活で2人の息子に恵まれた[1]。しかし1728年の年明けに天然痘に罹り、20歳の誕生日を迎える直前に死去した[1]。遺骸はドレスデン郊外シェーンフェルト教会(Schönfelder Kirche)の内陣胸壁に安置された。同教会はフリーゼン家代々の墓所であった[5][6]

息子のアウグスト・ハインリヒ・フォン・フリーゼンドイツ語版(1727年 - 1755年)は伯父のモーリス・ド・サックス元帥を頼ってフランス軍の将官となったが、若くして亡くなっている。

参考文献編集

  •  Gabriele Hoffmann: Constantia von Cosel und August der Starke – Die Geschichte einer Mätresse. Bastei Lübbe, Bergisch Gladbach 1988, ISBN 9783404611188.

引用・脚注編集

  1. ^ a b c  Reinhard Köpping, Stiftung Kunstgussmuseum Lauchhammer (Hrsg.): Erz und Adel. Zum Leben und Wirken der Freifrau von Löwendal.. Verlag der Kunst Dresden, Husum 2010, S. 38.
  2. ^ Heinrich Theodor Flathe (1878), “Friesen, Heinrich Friedrich Graf von” (ドイツ語), Allgemeine Deutsche Biographie (ADB), 8, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 87–88 
  3. ^  Jörg Brückner, Andreas Erb und Christoph Volkmar: Adelsarchive im Landeshauptarchiv Sachsen-Anhalt – Übersicht über die Bestände. In: Veröffentlichungen der staatlichen Archivverwaltung des Landes Sachsen-Anhalt – Reihe A – Quellen zur Geschichte Sachsen-Anhalts. 20, Selbstverlag des Landeshauptarchivs Sachsen-Anhalt, Magdeburg 2012, S. 203 (Online).
  4. ^ „Eintrag des Trauungssermons auf der Hochzeit einer illegitimen Tochter Augusts des Starken der Gräfin Auguste Constantia von Cosel mit dem Grafen Heinrich Friedrich Friesen durch den Oberhofprediger Dr. Marperger“ vom 3. Juni 1725 (Memento des Originals vom 29. 12月 2016 im Internet Archive)   情報 Der Archivlink wurde automatisch eingesetzt und noch nicht geprüft. Bitte prüfe Original- und Archivlink gemäß Anleitung und entferne dann diesen Hinweis.@2Vorlage:Webachiv/IABot/www.deutsche-digitale-bibliothek.de im Verzeichnis über den Bestand des Beyernaumburger Gutsarchivs im Landesarchiv Sachsen-Anhalts
  5. ^ Schönfelder Kirche. In: Dresdner-Stadtteile.de. Abgerufen am 2. Januar 2017.
  6. ^ Internetauftritt der Kirchgemeinde Schönfeld-Weissig (Memento vom 2. 1月 2017 im Internet Archive), abgerufen am 2. Januar 2017