アウグスト・レスキーン

アウグスト・レスキーン

アウグスト・レスキーン(August Leskien、1840年7月8日 - 1916年9月20日)は、ドイツ言語学者インド・ヨーロッパ語族、とくにスラヴ語派比較言語学の研究者として知られる。

青年文法学派の学者の中では年長者であり、そのリーダー格であった[1]

生涯編集

レスキーンはキールに生まれた。キール大学およびライプツィヒ大学文献学を学び、1864年に博士の学位を得た。青年文法学派の他の学者と同じく、レスキーンはゲオルク・クルツィウスの学生だった。在学中に南東ヨーロッパを旅行して南スラヴ語に接し、また農民から低地ソルブ語を学んだ[2]

1864年からライプツィヒのトーマス学校でギリシア語・ラテン語を教えたが、その地位に満足せず、1866年からイェーナ大学アウグスト・シュライヒャーに学び、1867年に論文「ホメーロスにおける未来とアオリスト」で教授資格を得た。1867年から1869年までゲッティンゲン大学私講師をつとめた。1868年に師のシュライヒャーが急死したため、その後継としてイェーナ大学の比較言語学およびサンスクリットの員外教授に就任した。1870年にはライプツィヒ大学に移り、スラヴ学教授をつとめた[2]

1876年、レスキーンはヴァトロスラヴ・ヤギッチ英語版とともにスラヴ語に関する学術雑誌『Archiv für slavische Philologie』を創刊した[2]

主な業績編集

1876年に論文「スラヴ・リトアニア語とゲルマン語における曲用」を発表した。この論文でレスキーンはシュライヒャーの系統樹説シュミット波紋説の中間的な立場を表明した。しかしこの論文が有名になったのは序文の中の「音法則に例外なし」という言葉で、この命題は青年文法学派の根本的な信条となった[1]

その後レスキーンは言語理論から離れ、古代教会スラヴ語の研究に集中した[2]

リトアニア語の文法と語彙つきの読本は没後の1919年に出版された。

脚注編集

  1. ^ a b 風間(1978) pp.186-188
  2. ^ a b c d NDB

参考文献編集