言語学

人類が使用する言語を科学的に研究する学問

言語学(げんごがく、: linguistics)は、人文科学の一分野である。ヒトが使用する言語自然言語人工言語)の意味構文[1]などを、科学的手法を用いて研究する。

語源編集

英語における名称「linguistics語源linguistiqueフランス語)であり、さらにさかのぼるとlinguaラテン語で「言葉」の意)である。linguisticsという語は1850年代から使われ始めた[2]

目的編集

言語学の目的は、ヒト言語客観的に記述・説明することである。「客観的に」とは、言語データの観察を通して現に存在する言語の持つ法則性質を記述・説明するということであり、「記述」とは、言語現象の一般化を行って規則や制約を明らかにすることであり、「説明」とは、その規則・制約がなぜ発生するのかという動機づけを明らかにすることである。

言語学は言語の優劣には言及しない。むしろ、現代の言語学においては、あらゆる言語に優劣が存在しないことが前提となっている。そのため、すべての言語は同等に扱われる。しかしながら、言語の史的変化を言語の進化ととらえ、社会文明の成熟度と言語体系の複雑さを相関させるような視点が過去に一部存在していた。その後、いかなる言語も複雑さを有していることが明らかとなり、そうした見解は否定された。すなわち「幼稚な言語や高度な言語といったものは存在せず、すべての言語はそれぞれの言語社会と密接に関連しながら、それぞれのコミュニティに適応して用いられている」というのが現代の言語学の基本的見解である。

言語の定義と特徴編集

言語学ではヒトが話す言語(ことば)を取り扱う。そこで、「ヒトが話す言語」とは何かを明確にする必要があるが、学者らによる「言語」の定義の問題は未だに決着していない。

以下に主要と思われる言語の特徴を記す。

恣意性編集

ソシュールは、「能記」(signifiant) と「所記」(signifié) という2つの概念(シニフィアンとシニフィエ)を用いて、言語記号の音声・形態とその意味との間には必然的な関係性はないという言語記号の恣意性を説いた。 これとはほぼ反対の立場として音象徴という見解がある。これは、音素そのものに何らかの意味感覚、印象といったものがあり、言語記号はその組み合わせによって合理的に作られているとするものである。しかし、実際にはどの言語にも普遍的な音象徴というものは存在しないため、現在そのような立場の言語研究はあまり行われていない。

二重性編集

アンドレ・マルティネは言語が単なる音声の羅列ではなく、二重構造を有していることを指摘した。すなわち、を最小単位に分割しようとした場合、まずは意味を持つ最小単位である形態素のレベルに分割される。そして、形態素はさらに音素に分割される。例えば、日本語の [ame](雨、飴)というは語としてはこれ以上分解できないが、音素としては /a/、/m/、/e/ の三つに分解される。言語の持つこのような二重構造は二重分節と呼ばれる。動物の発する声にはこうした性質が見られないため、二重分節はヒトの言語を特徴づける性質とされる。

転位性編集

ヒトの言語過去に起こった事実や未来のことを表現することも可能である。文字の体系を持っていれば、文字に書き留めることによって、後世に伝えることも可能になる。しかし、動物の場合、のありかやの急襲を知らせるなど現在のことしか伝達できない。

創造性編集

以下に述べることについて「創造性」と言語学者が言うことはあまりないかもしれないが、ここでは仮にそう呼ぶ。また、以下で述べるのは、言語学者による考え方の一例であり、必ずしも総意として支持されているものでもない。生成文法学者のうちの一派で、ノーム・チョムスキーらによる仮説「普遍文法」では、ヒトは単に過去に見聞きした表現それ自体からではなく、“colorless green ideas sleep furiously” のように語義からは意味をなさない、ありえないような文であっても、この例文の場合は英語話者であれば、構文的には(文法的には)適切な文であると判断できるのは、生得的にヒトの脳のどこかに文法に従って文を認識する能力があるからであると仮定し、その文法を「普遍文法」と呼んだ[3]。この仮説は同時に、文法を基にして任意に新しい文を作ることができる、という能力をも説明するものだとされている。 ヒトの言語の文法には再帰があるが、2020年現在、ヒト以外の、いわゆる「動物の言語」( en:Animal language )の「文法」では再帰は見つかっていない。普遍文法仮説はそれがヒトだけのものとしているので、動物の言語で、再帰を含む文法がもし見つかれば、ヒトだけのものとする主張は修正が必要になる(ここで述べている再帰とは専門的には、例えば「極小主義プログラム」で Merge と呼ばれて研究されているものである。en:Merge (linguistics) を参照)。 ただし以上のように言語が特別な能力であるとする立場は、別の一派である認知言語学からは批判的に扱われている。認知言語学の提案する「用法基盤モデル」では、以上で述べたような「言語専用の」能力があるのではなくより広い、認知に関する能力により、実際の用例から文法のような規則を得てゆくのである、としている。

構造依存性編集

言語の規則には、例えば「前から3番目の語」というような表層の順序に言及するようなものは存在しない。言語の規則はむしろ、表層にあらわれない範疇、階層、構成素などの構造に言及する。これを構造依存性という。ノーム・チョムスキーはgenerative capacityという概念により、「(ある言語の)文法は、その言語の(「表層」)をweakly generateし、それらのstructural descriptors(「深層」)をstrongly generateする」(ここで「文ら」としているのは、原文sentencesの複数形に意味があるため)と述べた。

主要な研究分野編集

音声学が発音時の筋肉の動きや音声音響学的特性など物理的な対象を研究するのに対して、音韻論ではその言語で可能な音節の範囲(音素配列論)など言語が音声を利用するしくみを研究する。

語の成り立ちは形態論で研究し、語が他の語と結合して作る構造は統語論で研究する。統語論が研究対象とするのは文までで、それ以上のテクストや会話などは談話分析で扱う。

意味論が研究対象とする「意味」とは、伝統的に、話者や文脈・状況を捨象した普遍的な語の意味や文の意味(真理条件)に限られてきた。話者の意図は意味論の研究対象ではないと見る場合、これの研究は語用論で行う。

  • 手話言語学 - 世界的に見ても手話は言語学の範囲の及ぶ学術領域と見みなされている。かつて日本の手話言語学者は、手話は音声言語とは形態において異なることから音声言語学とは異なる手法や用語によって研究されるべきであるという立場をとっていた。しかし近年では、手話もれっきとした言語であるとし、音声言語と同様の手法・用語によって説明できるはずであるとする立場が一般的となっている。近年では言語学関連の学会等で音声言語とともに手話言語学者の研究報告がプログラムにのぼることも珍しくない。

学際的分野編集

対象となる言語における主要な対立項編集

言語学の歴史編集

19世紀までの言語研究編集

古代の言語学者に、インドのパーニニがいる。

西洋における言語研究の始まりは、紀元前にギリシア哲学者たち(プラトンエピクロスなど)の間で起こった言語起源論修辞学にまでさかのぼる。古典ギリシア語文法書は、紀元前1世紀までに完成し、ラテン語のほか後の西洋の言語の文法学(伝統文法)に大きな影響を与えた。

言語学が大きく飛躍する節目となったのは、1786年のことである。イングランドの法学者ウィリアム・ジョーンズは、インドカルカッタに在任中に独学していたサンスクリット語の文法が、以前に学んだギリシア語ラテン語などの文法と類似していることに気づき、「これらは共通の祖語から分化したと考えられる」との見解をアジア協会において示した[4]。これが契機となり、ヤーコプ・グリム ら「青年文法家」による歴史的比較言語学ドイツライプツィヒで興り(19世紀インド・ヨーロッパ語族の概念が確立した(印欧語学)。

近現代編集

20世紀に入ると言語学は大きな変動期を迎えることになる。20世紀初頭にスイスの言語学者、フェルディナン・ド・ソシュールの言語学は、通時的な(書き言葉の)研究から共時的な(話し言葉の)研究へと対象を広げた。またソシュールの言語学は、言語学にとどまらない、「構造主義」と呼ばれる潮流の一部にもなった(また言語学においては(ヨーロッパ)構造主義言語学とも)。20世紀以降の言語学を指して、近代言語学と呼ばれることもある。

アメリカの言語学は、人類学者のフランツ・ボアズアメリカ州の先住民族の言語研究やエドワード・サピアがさきがけとなった。そこから発展したアメリカ構造主義言語学(前述のヨーロッパ構造主義言語学との関連は薄い)の枠組みは、レナード・ブルームフィールドによって確立された。

20世紀後半、ノーム・チョムスキー生成文法は、以上で延べたような近代言語学からさらに一変するような変革をもたらし、現代言語学と言われることもある。後述する認知言語学からは批判もあるなど、「チョムスキー言語学」が全てではないが、現代の言語学においてその影響は大きい。

また20世紀後半には他にも、マイケル・ハリデーen:Michael Halliday)らの機能言語学en:Systemic functional grammar)や、ジョージ・レイコフらの認知言語学など、異なったアプローチも考案された。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ syntax
  2. ^ McArthur, Tom (1996), The Concise Oxford Companion to the English Language, Oxford University Press (ISBN 0198631367)
  3. ^ ヒトの成長段階で、その生得能力がどのように英語や日本語などの各言語の能力となるのか等といった点については普遍文法の記事を参照
  4. ^ 「新インド学」p17 長田俊樹 角川書店 平成14年11月10日初版発行

参考文献編集

関連文献編集

辞典など編集

関連項目編集

学問編集

学会編集

総合編集

言語編集

分野編集

編集

出版社編集

外部リンク編集