アウトゾーン』(OUT ZONE)は1990年東亜プランからリリースされたアーケード用縦スクロールシューティングゲーム

アウトゾーン
ジャンル 縦スクロールシューティング
対応機種 アーケード
開発元 東亜プラン
発売元 テクモ
プログラマー 上村建也
音楽 上村建也
人数 1 - 2人(同時プレイ可)
メディア 業務用基板(1.34メガバイト
稼働時期 日本 1990081990年8月
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU MC68000 (@ 10 MHz)
サウンド YM3812 (@ 3.5 Mhz)
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
320×240 ピクセル
60.00Hz
パレット2048色
テンプレートを表示

ストーリー編集

西暦2097年。人類は度重なる地球侵略の魔の手を撃退してきたが、オワギラ星人の侵略についに抗しきれなくなった。国連は最後の手段として、伝説の宇宙仕事人に最強のサイボーグ戦士の派遣を依頼、オワギラ星人の撃退を要請した。

システム編集

操作編集

  • 8方向レバーと2ボタン(ショット、ボンバー)で自機を操作する。二人同時プレイ可能。
  • 本作は強制ではなく任意スクロールとなっており、前進しない限りゲームは先へ進まない。
  • エナジーが設定されており、時間と共に減少する。
  • 自機のエネルギーがゼロになる、敵・敵弾に接触する、落とし穴やシャッターなどの地形に阻まれるとミスとなり、残機を失う。
  • 全7面構成。但し残機がゼロになるまでゲームは終わらない。
  • 東亜プランの様々なキャラが、隠し要素として登場している。

武器編集

16方向ショット
ゲーム開始時の装備。レバーを入れた方向にショットを発射する。ボタンを押しっぱなしで連射可能。
3WAY
前方3方向にショットを放つ。発射する方向は限られている。
スーパーバーナー
レバーを入れた方向に火炎を放射する。威力は高いが飛距離が非常に短い。
スーパーボール
ボタンを押しっぱなしで巨大な玉が自機の周囲を回転し、ボタンを放すと玉が前方へ発射される。あらゆる敵や障害物を貫通する上、攻撃力も高い。

余談だが、この武器を装備した時とそうでない時のゲームバランスが変わるくらいの威力・使い勝手を誇る。

アイテム編集

アイテムボックスもしくは赤色の敵を倒すと現れる。

通常アイテム編集

P
16方向ショットと3WAYが1段階パワーアップする(最高3段階まで)。
C
チェンジパネル。取ると、16方向ショットと3WAYを切り替える。スーパーバーナー・スーパーボールの装備中に取得すると、元の装備に戻る。
B
画面全体を攻撃すると同時に敵弾を相殺するボンバー。10発までストック可能。
E
エナジーが一定量回復する。二人同時プレイ時は、自機と同じ色のパネルしか取ることが出来ない。

スペシャルアイテム編集

SPという文字が描かれている。出現場所は一定しない。

黄色
スーパーバーナーを装備する。
スーパーボールを装備する。
エナジーエクステンド。エナジーゲージの上限を30%増量する。ミスをするまで有効。
スピードアップ。移動速度が50%アップする。ミスをするまで有効。
1UP。残機が1つ増える。
シールド。敵からのダメージを1回だけ防ぐ。落下およびエナジー切れによるミスは防げない。

関連項目編集