アジ化水素
Hydrogen-azide-2D-dimensions.pngHydrogen-azide-3D-vdW.png
別名 アジ化水素酸
組成式 HN3
式量 43.03 g/mol
形状 無色液体
CAS登録番号 [7782-79-8]
融点 −80 ℃
沸点 37 ℃

アジ化水素(—かすいそ、hydrogen azide)は、化学式を HN3 と表される無機酸の一種。アジ化水素酸 (hydrazoic acid) とも呼ばれる。刺激臭を有する無色透明の液体。爆発性を有する。CAS登録番号は [7782-79-8]。

シアン化水素(青酸)並みの猛毒で、皮膚、粘膜などを刺激する。取り扱いには適切な設備と厳重な管理を要する。

歴史編集

アジ化水素は1890年、テオドール・クルチウスにより最初に単離された[1]

化学的性質編集

アジ化水素は弱酸性を持つ (pKa 4.6–4.7)。に溶けやすく、水溶液は多くの金属(亜鉛など)を、水素を放出しながら溶かす。そのとき、金属のアジ化物を生成する。

多くの金属アジ化物には爆発性が知られる。また、無水物の結晶は加熱により分解し、金属の純品を与える。水銀のアジ化物は水に難溶であり、そのことはハロゲン化水素とアジ化水素との類似点である。アジ化物はまた、ヨウ化アルキルと容易に反応する。

カルボン酸ハロゲン化物アルデヒドケトンなどに作用させると、シュミット反応を引き起こす。

製造編集

アジ化水素はアジ化ナトリウムなどの塩に酸を作用させて得る。

毒性編集

毒性は青酸に匹敵し、後遺症の報告もある[2]。アジ化水素は揮発性と高い毒性を持つ。蒸気を吸い込むと、刺激臭を感じるとともに激しい頭痛に見舞われる。蓄積性はない。

アジ化ナトリウムが胃酸と反応し、アジ化水素を発生させ、治療者に二次被害を与える危険性がある[3]。日本でも、医療スタッフに二次被害が発生した事例がある[3]

脚注編集

  1. ^ Curtius, Th. Berichte 1890, 23, 3023.
  2. ^ 宮川定吉「アジ化水素による中毒の後遺症と判断される1例について」『産業医学』第20巻第5号、社団法人日本産業衛生学会、1978年、 267-277頁、 doi:10.1539/joh1959.20.276
  3. ^ a b 広瀬保夫,畑耕治郎,本多拓,山崎芳彦,堀寧,大関暢「アジ化ナトリウム集団中毒症例の検討」『日本救急医学会雑誌』第12巻第3号、日本救急医学会、2001年、 125-129頁、 doi:10.3893/jjaam.12.125

参考文献編集

  • Dictionary of inorganic and organometallic compounds, Chapman & Hall

関連項目編集