メインメニューを開く

アスコルビン酸グルコシド

アスコルビン酸グルコシドとは、アスコルビン酸(ビタミンC)にグルコースが結合したもの。ビタミンC誘導体の一種。

アスコルビン酸2-グルコシド編集

アスコルビン酸2-グルコシド(ascorbic acid 2 - glucoside)、は略称で AA-2G とも呼ばれ、アスコルビン酸の2位の炭素にグルコースが結合させることで安定性を向上したもの[1]。熱、光といった酸化条件に強いが、生体の中では酵素によって作用を発揮するため、プロビタミンである[1]。アスコルビン酸2グルコシド、アスコルビン酸グルコシドとも表記される。

日本で1989年に合成され、1994年に医薬部外品美白有効成分として、2004年に食品添加物として認可された[1]

アスコルビン酸6-グルコシド編集

アスコルビン酸の6位の炭素にグルコースが結合したもの。 安定性は高いがアスコルビン酸-2グルコシドよりも低い。

出典編集