アスタ・ニールセン

アスタ・ニールセンAsta Nielsen、本名Asta Sofie Amalie Nielsen1881年9月11日 - 1972年5月24日)は、デンマーク出身の女優である。1910~20年代のサイレント映画全盛期にデンマーク・ドイツの映画界を代表する主演女優として活躍した。コペンハーゲン王立劇場付属演劇学校卒業後、舞台出演を経て1910年『深淵』で映画に初出演する。間もなくドイツに進出して第一次世界大戦中からヴァイマル共和制時代にかけて活動を続けたが、1932年の『秋の女性』を最後に舞台に専念し、ナチス政権成立後の1937年にデンマークに帰国した。

アスタ・ニールセン
Asta Nielsen
Asta Nielsen
アスタ・ニールセン(1917年)
本名 Asta Sofie Amalie Nielsen
生年月日 (1881-09-11) 1881年9月11日
没年月日 (1972-05-24) 1972年5月24日(90歳没)
出生地  デンマークコペンハーゲン
死没地  デンマークフレゼレクスベア
国籍  デンマーク
職業 女優
ジャンル 舞台
映画
活動期間 1902年 - 1971年
活動内容 1902年:コペンハーゲン王立劇場付属演劇学校卒業
1910年:『深淵』で映画初出演
1911年:ドイツ進出
1932年:『秋の女性』でトーキー映画初出演
1937年:デンマークに帰国
配偶者 ウアバン・ガーズ(1912-18)
Ferdinand Wingårdh(1919-23)
Anders Christian Theede(1970-72)
主な作品
『女ハムレット』
喜びなき街
テンプレートを表示

フィルモグラフィ編集

関連項目編集

外部リンク編集