アセトヒドロキサム酸

アセトヒドロキサム酸(アセトヒドロキサムさん、またはN-ヒドロキシアセトアミド、: Acetohydroxamic acidAHAとも略記される)は、細菌や植物のウレアーゼに対する強力かつ不可逆的な酵素阻害剤であり、尿路感染症の治療に用いられる。分子構造は尿素に類似するが、ウレアーゼによる加水分解を受けない[1]。物理的な性質として、融点は92℃。常温では白色ないしわずかに薄い黄色の結晶又は粉末である[2]

アセトヒドロキサム酸
Acetohydroxamic acid.svg
Acetohydroxamic-acid-3D-balls.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com 患者向け情報(英語)
Consumer Drug Information
識別
CAS番号
546-88-3 チェック
ATCコード G04BX03 (WHO)
PubChem CID: 1990
DrugBank DB00551 チェック
ChemSpider 1913 チェック
UNII 4RZ82L2GY5 チェック
KEGG D00220  チェック
ChEBI CHEBI:49029 チェック
ChEMBL CHEMBL734 チェック
化学的データ
化学式C2H5NO2
分子量75.0666 g/mol
物理的データ
融点92 °C (198 °F)
テンプレートを表示

米国では1983年に「ストルバイト結石」の予防薬として希少疾病医薬品に指定された。

脚注編集

  1. ^ W. Fishbein and P. Carbone J Biol Chem. 1965 Jun;240:2407-14
  2. ^ Acetohydroxamic Acid東京化成工業

関連項目編集