アッシャーマン症候群

アッシャーマン症候群(アッシャーマンしょうこうぐん、: Asherman's syndrome)は、流産などに起因する子宮内掻爬操作により、子宮壁が癒着した状態[1][2]。子宮性不妊の原因となる[2]

アッシャーマン症候群
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
婦人科学
ICD-10 N85.6
ICD-9-CM 621.5
DiseasesDB 946
MedlinePlus 001483
MeSH D006175
テンプレートを表示
超音波画像
ヒステロスコピー画像

概要編集

子宮内を掻爬することにより、外科処置の際に腹膜が癒着するように子宮壁が癒着する[1]。子宮内掻爬後一定数発症する偶発症である[1]。無月経、過少月経、不妊の原因となる[2][1]

治療編集

子宮鏡下にて癒着を除去し、その後、IUDまたはバルーンカテーテルを入れる。同時にエストロゲンを投与する[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 南山堂医学大辞典 第12版 ISBN 978-4525010294
  2. ^ a b c 病気がみえるVol.9 「婦人科・乳腺外科」 メディックメディア社発行 ISBN 978-4896324624

関連項目編集