メインメニューを開く
1822年

婦人科学(ふじんかがく、英語: gynaecology)は、婦人科疾患等に関連する医学の分野の一つ。産科学と合わせて産婦人科学と称される場合が多い。場合により泌尿器科学と連携して治療にあたる。

目次

歴史編集

元々、女性に関連する特有の疾患を扱う分野として、19世紀初頭より発展してきた経緯を持つ。初期の頃は、診療というより「女性に関する医学的初期コンサルト」を担う分野として存在し、現在で言ういわゆる「女性総合診療部門」的な存在であった。そのため産科学が確立するまでは(帝王切開外科学が担当)、その一部診療も担っていたため、明治以降日本でも「産婦人科学」が一般名称となってしまっていた。

疾患編集

関連項目編集