アデライード・ド・ブラバン

アデライード・ド・ブラバン(Adélaïde de Brabant, 1190年頃 - 1265年)は、ブローニュ女伯(在位:1262年 - 1265年)。

アデライード・ド・ブラバン
Adélaïde de Brabant
ブローニュ女伯
在位 1262年 - 1265年

出生 1190年
死去 1265年
配偶者 リーネック伯・ルーン伯アルヌルフ3世
  オーヴェルニュ伯ギヨーム10世
  アルヌール2世・ド・ウェーゼマール
子女 ロベール5世
マリー
マティルド
家名 ブラバント家
父親 ブラバント公アンリ1世
母親 マティルド・ド・ロレーヌ
テンプレートを表示

生涯編集

ブラバント公アンリ1世とブローニュ女伯マリーの娘マティルドとの間の娘。

1206年にリーネック伯・ルーン伯アルヌルフ3世(1221年没)と結婚した。

アルヌルフ3世の死後、1225年2月3日にオーヴェルニュ伯ギヨーム10世と結婚し、以下の3人の子女をもうけた。

  • ロベール5世(1225年頃 - 1277年) - オーヴェルニュ伯およびブローニュ伯
  • マリー(1225年頃 - 1280年) - 1238年にメヘレン領主ゴーティエ7世(1225年頃 - 1286年頃)と結婚
  • マティルド(1230年頃 - 1280年) - 1255年頃にオーヴェルニュのドーファン・クレルモン伯ロベール3世と結婚

ギヨーム10世の死後、1251年にアルヌール2世・ド・ウェーゼマールの2度目の妻となった。1259年に従姉妹でブローニュ女伯であったマティルド・ド・ダンマルタンが死去すると、自身の甥ブラバント公アンリ3世、マティルドの父方の従姉妹オマール女伯ジャンヌ・ド・ダンマルタンおよびマティルドの最初の夫の甥にあたるルイ9世とブローニュ伯領の相続を争ったが、最終的にパリ高等法院はアデライードの相続を認めた。アデライードはその数年後に死去した。

参考文献編集

  • Meredith P. Lillich , Rainbow Like an Emerald: Stained Glass in Lorraine in the Thirteenth and Early Fourteenth Centuries, Penn State Press, 1991, p. 114-117
  • Belgisch tijdschrift voor geschiedenis philology , vol. 80 (Part 3-4), University Foundation, 2002, p. 1138
  • The Foundation for Medieval Genealogy


先代:
マティルド・ド・ダンマルタン
ブローニュ女伯
1262年 - 1265年
次代:
ロベール5世