アトラントローパ

アトラントローパ(Atlantropa)とはヨーロッパアフリカを統合した新たな人工大陸、及びそれを作る計画をいう。

宇宙から見たアトラントローパの地中海

概要編集

1928年から1950年にかけてドイツ人技術者ヘルマン・ゼイゲルが提唱したヨーロッパとアフリカの統一化計画である。その概要はいくつかの大規模な計画から構成される。まずジブラルタル海峡を塞き止めてその海水をすべて排水し、沿岸地域の河川の淡水によって地中海を湖とする。さらにサハラ砂漠において大規模な灌漑計画を実行し、緑化政策を進める。地中海の淡水はこのサハラ緑化計画で活用する。さらにコンゴ川にダムを建設してコンゴ海、チャド海を形成し、またザンベジ川にもダムを建設してヴィクトリア海を作り上げる。これはラッツェルの生存圏の思想に基づいた計画であり、アフリカの豊富な資源を目的としたヨーロッパによるアフリカ大陸支配計画という側面が強い。

参考文献編集

  • ジョン・オロシコリン著、滝川義人訳『地政学辞典』(東洋書林、2000年)

関連項目編集