メインメニューを開く

アナベル・オルティスAnabel Ortiz1986年7月5日 - )は、メキシコ出身の女子プロボクサーである。第3代WBC女子世界ストロー級王者。第3代WBA女子世界ミニマム級王者。

アナベル・オルティス
基本情報
通称 アビスパ
階級 ミニフライ級
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1986-07-05) 1986年7月5日(33歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
プロボクシング戦績
総試合数 20
勝ち 17
KO勝ち 3
敗け 3
テンプレートを表示

来歴編集

空手を5年間やった後、11歳でボクシングを始める。

2007年1月12日、クリスティーナ・アギラールと両者にとってのデビュー戦を行い、3-0の判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2007年2月10日、ルシア・アバロスと対戦し、プロ初のKO勝利となる4回KO勝ちを収めた。

2007年3月30日、デリア・ロペスとメキシコ女子ライトフライ級王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2008年11月21日、イベス・サモラと対戦し、プロ初黒星となる10回判定負けを喫しメキシコ王座の初防衛に失敗、王座から陥落した。

2009年10月31日、WBC女子世界ストロー級王者カリーナ・モレノと対戦し、3-0(96-94、96-94、96-94)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年1月30日、ジェセニア・マルティネス・カストレホンとノンタイトル6回戦を行い、3-0の判定勝ちを収めた。

2010年9月13日、後楽園ホール菊地奈々子と対戦し、3-0(98-92、98-92、99-91)の判定勝ちを収めWBC王座の初防衛に成功した。

2011年5月8日、後楽園ホールで藤岡奈穂子と対戦し、8回2分0秒、オルティスの棄権によりWBC王座の2度目の防衛に失敗、王座から陥落した。

2011年10月14日、イボンヌ・ロサスとWBC女子世界ストロー級シルバー王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年4月21日、スサナ・クルス・ペレスと対戦し、5回TKO勝ちを収めWBCシルバー王座の初防衛に成功した。

2012年5月24日、ブエノスアイレスジェシカ・ボップが持つWBA女子世界ライトフライ級王座並びにWBC女子世界ライトフライ級王座に挑戦し、0-3の判定負けを喫し2階級制覇を果たせなかった。

2012年11月、日本の亀田ジムと契約したことを発表[1]

2013年7月23日、東京ビッグサイトでWBA女子世界ミニマム級王者多田悦子と対戦し、2-1(96-94、96-94、93-97)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[2]

2013年11月9日、済州島の済州グランドホテルでパク・ヘスと対戦し、3-0(100-91、100-90、100-92)の判定勝ちを収めWBA王座の初防衛に成功した[3]

2014年7月26日、イダルゴ州エパソユカンネイシ・トーレスと対戦し、3回1分56秒TKO勝ちを収めWBA王座の2度目の防衛に成功した。

2014年11月9日、ケレタロ州ケレタロ多田悦子と対戦し、2-1(99-90、96-93、94-95)の判定勝ちを収めWBA王座の3度目の防衛に成功した[4]

2015年4月29日、堺市産業振興センター好川菜々と対戦し、3-0(100-90、99-91、97-93)の判定勝ちを収めWBA王座の4度目の防衛に成功した[5]

戦績編集

  • 20戦17勝(3KO)3敗

獲得タイトル編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ “亀田美女軍団で女子BOX殴り込みや”. デイリースポーツ. (2012年11月27日). http://www.daily.co.jp/ring/2012/11/27/0005557030.shtml 
  2. ^ 多田が10度目の防衛に失敗 WBA女子ミニマム級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月23日
  3. ^ 渡部、韓国でPABAタイトル獲得 オルティス防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月19日
  4. ^ 多田悦子リベンジならず、オルティスに1-2負け Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月9日
  5. ^ 好川奈々、世界奪取ならず アナベルに完敗 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月30日

外部リンク編集

前王者
カリーナ・モレノ
第3代WBC女子世界ストロー級王者

2009年10月31日 - 2011年5月8日

次王者
藤岡奈穂子
前王者
多田悦子
第3代WBA女子世界ミニマム級王者

2013年7月23日 - 現在

次王者
N/A