アバクス (建築)

柱の上部にありアーチやアーキトレーブを支えるパーツ

アバクスアバカス (abacus[1]) は建築において、柱の上部にある部位の一部をさす。横から見た形状は平たいプレート状。古くはギリシア・ローマ建築に見られ[1]アーキトレーブを支えるために柱頭のトップに設けられた。アーチがかけられるようになると、インポスト英語版とともにアーチを支えた。具体的には柱の上部にアバクスが、そのさらに上のインポストからアーチが伸びる、という構成である。これらは必ず設けられるとは限らず、柱頭彫刻から直にアーチが伸びるケースも見られる(例.サン・ミゲル・デ・エスカラーダ修道院[2]

1の部分がアバクス

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b アバクスとは - コトバンク”. コトバンク. 朝日新聞社. 2018年9月7日閲覧。
  2. ^ 伊藤喜彦 「サン・ミゲル・デ・エスカラーダ教会堂における円柱使用法について:中世キリスト教建築とイスラーム建築における円柱の使用方法に関する研究 (1)」 『日本建築学会計画系論文集』 Architectural Institute of Japan、1257-1264頁、2012年。ISSN 1340-4210https://ci.nii.ac.jp/naid/130004895569/ 

本項目は特記ない限り下記文献による。同書索引より各ページを参照。

外部リンク編集