氷を貫通し支点を確保したアバラコフ

アバラコフ(英語;Abalakov thread、V-Thread、別名:Vスレッド)とは、アイスクライミングを行う際に支点を作る技術のことで、ロシア人の発明家登山家ヴィタリー・アバラコフに由来する。

作成が簡単で、高価な機材を消耗することなく、適切に行えば非常に安全な支点を確保できる技術である。この便利さと安全性から、アイスクライマーからは、アイスクライミングの革命と言われている。

2009年の調査結果と実験では、水平に穴を開けるより、垂直に穴を開けるAスレッドの方が強度が高い結果となった[要検証][1]

作成方法編集

アイススクリュー英語版(長いのが良い。21㎝以上)を使用して、1-2mの長さの紐が通るよう頑丈な氷の壁にVの時に2か所穴を開けて(この2つの穴の間は約17 - 20㎝あると良い。きちんとV字になるよう誘導する治具も作られている。)、そこに体を保持する紐を通して、適切な結び目を作れば完成である。強度に不安があれば、2か所に分散する方法も考えられるが、それをするくらいなら代替ルートを取った方が良い。

出典編集

関連項目編集