アビシュカAbišqa ? - 1260年)は、モンゴル帝国の皇族。チンギス・ハーンの次男であるチャガタイの孫ブリの息子。『集史』ではابيشقه Ābīshqeと記されるが、『元史』などの漢文史料には記載がない。

概要編集

アビシュカの父ブリはルーシ遠征に従軍した折、オゴデイ家のグユクとともに総司令官バトゥを宴席にて侮辱した。この一件によってブリはバトゥとの間に怨恨を生じさせ、バトゥの後援によってモンケがカーンに即位するとブリはバトゥによって殺されてしまった。このため、ブリの諸子たちの間には反モンケ政権の傾向があったと見られる。

モンケ・カーンはその治世の中で東アジア征服西アジア征服を計画し、前者を次弟クビライに、後者を三弟フレグに委ねた。アビシュカは皇族の一人としてクビライの遠征軍に加わり、雲南・大理遠征に従軍した。モンケがクビライを一時更迭し、自ら軍を率いて南宋に攻め入った際にも、アビシュカはウリヤンカダイとともに陳朝・南宋を転戦していた[1]

モンケ・カーンが親征の途上で病没すると次代のカーン位を巡ってクビライとアリク・ブケとの間で帝位継承戦争が勃発した。アリク・ブケ派はカラコルムを中心としてモンケ政権を引き継ぐ形となったため、反モンケ的傾向のあるブリの諸子(アビシュカ、アジキら)はクビライ派に立って参戦した。

当時チャガタイ・ウルスオルガナ・ハトゥンの下親アリク・ブケ派として行動していたため、クビライはアビシュカを派遣することでチャガタイ・ウルスを親クビライ派に引き入れようとした。しかし、チャガタイ・ウルスへと向かう途中でアビシュカはアリク・ブケ派に捕らえられ、後にモンケの庶子アスタイによって殺された[2]

アビシュカの死後、チャガタイ・ウルスはアリク・ブケを裏切ったアルグの登場によって親クビライ派となり、帝位継承戦争はクビライの勝利に終わった。アビシュカの死後も弟のアジキはクビライ派として奮戦しており、アリク・ブケ及びアスタイが降伏してきた時は兄アビシュカを殺した一件について詰問しているが、クビライによって制止され最終的にアスタイらは許された[3]

子孫編集

『集史』にはオルグ(Örüg)という息子がいたと記されている。

脚注編集

  1. ^ 杉山2004,76-77頁
  2. ^ ドーソン1971,9頁
  3. ^ ドーソン1971,21-22頁

参考文献編集

  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年
  • ドーソン著/佐口透訳注『モンゴル帝国史 第3巻』平凡社、1971年