アフメド・カラヒサーリー

アフメド・シェムセッディーン・カラヒサーリーオスマントルコ語: احمد شمس ا لدين قراه سارى‎ 、İA方式:Aḥmed Şemseddīn Ḳaraḥiṣārī、1468年 - 1566年)は、オスマン朝の能書家ドイツ語版カラヒサール生まれ。同時代のオスマン朝の書家としては珍しく、シェイフ・ハムドゥッラーの様式に学ばず、優美なナスフ体の書で知られる13世紀能書家ヤークート・ムスタアスィミーの書法を継承した。スルス体ナスフ体の最上質な手本を残したが、彼の門下を除いては、カラヒサーリーのスタイルはあまり広まらなかった。最も重要な作品は、彼がスレイマン大帝(在位: 1520-1566)のために書いたクルアーンである。トプカプ宮殿に現伝する。

イスラームの書法にもたらした技術と革新という観点から、彼は、シェイフ・ハムドゥッラーハーフィズ・オスマンと並び、オスマン朝の三筆の一人であると考えられている。カラヒサーリーの書法に影響を受けた者のうちでは、彼の弟子であったハッサン・チェレビー( Hasan Çelebi )が師カラヒサーリーと同じくらい有名である。イスタンブールにて死去。

参考文献編集

  • Brend, Barbara (1991). Islamic art. British Museum Press. pp. 240. ISBN 978-0-7141-1443-9. http://books.google.com.tr/books/about/Islamic_art.html?id=sEFNAAAAYAAJ&redir_esc=y