アフリカ大湖沼(-だいこしょう)は、アフリカ大陸大地溝帯にあるの総称である。

アフリカ大湖沼

広義の意味では、世界で2番目に大きい淡水湖であり、アフリカ最大の湖であるヴィクトリア湖や、世界で2番目に深い湖であるタンガニーカ湖をはじめとする以下の湖が含まれる。

狭義の意味では、白ナイル川の水源であるヴィクトリア湖アルバート湖エドワード湖の3つのみが大湖沼と呼ばれる。タンガニーカ湖キブ湖コンゴ川に注ぎ、マラウイ湖シーレ川を経てザンベジ川に注ぐ。

アフリカ大湖沼はこれらの大きな湖だけを指す用語だが、それ以外にもリフトバレー湖沼群(Rift Valley lakes)をはじめとして大地溝帯には湖沼が無数に存在する。