メインメニューを開く
砂金石(アベンチュリン)
オレンジ・アベンチュリン

砂金石(さきんせき、aventurin、アベンチュリン)は、石英のなかに雲母ヘマタイト(赤鉄鉱)やゲーサイト(針鉄鉱)などの細鱗状の微粒子の結晶を包有し、内部反射によりキラキラと閃光を発する鉱石。主産地がインド翡翠に似ているため、インド翡翠とも呼ばれる。アベンチュリンクオーツと呼ばれる宝石の一種でもあり、産出量の多い雲母により緑色となったグリーンアベンチュリンをさすことが多い。

関連項目編集

外部リンク編集

  •   Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Aventurine" . Encyclopædia Britannica (in English) (11th ed.). Cambridge University Press.