ヒュー・チザム英語: Hugh Chisholm1866年2月22日1924年9月29日)は、イギリスジャーナリスト、編集者。ブリタニカ百科事典第10版、第11版、第12版の編集長を務めたことで知られる[1]。妹に数学者グレース・チザム英語版がいる[2]

ヒュー・チザムの肖像写真。ジェームズ・E・パーディー英語版撮影、1903年。

生涯編集

生い立ち編集

ヘンリー・ウィリアムズ・チザム(Henry Williams Chisholm、1809年 – 1891年、ヘンリー・チザムの息子)と妻アンナ・ルイーザ(Anna Louisa、旧姓ベル(Bell)、1824年ごろ – 1900年、ロンドンのワイン商人の娘)の息子として、1866年2月22日にロンドンのハーウッド・スクエア(Harewood Square)21号で生まれた[2][1]。チザムの父方の祖父は首相初代グレンヴィル男爵ウィリアム・グレンヴィルの秘書を務めた人物であり、父は財務省商務庁で勤務した公務員だった[1]。妹に数学者グレース・チザム英語版がいる[2]

1878年から1885年までフェルステッド・スクール英語版で教育を受けた後[2]、1884年10月23日にオックスフォード大学コーパス・クリスティ・カレッジに進学、同年よりコーパス・クリスティ・カレッジのスカラ(scholar)を務めた後、1888年にB.A.の学位を修得した[3]。1892年、ミドル・テンプルで弁護士資格免許を取得した[3]

保守派ジャーナリストとして編集

弁護士資格免許を取得した時点ですでにジャーナリストとしての道を歩み始めており、『セント・ジェームズ・ガゼット英語版』紙で1892年から1897年まで編集長を、1897年から1899年まで編集長を務めた[1]。『セント・ジェームズ・ガゼット』は保守派に属しており、チザム自身も保守党ベンジャミン・ディズレーリが提唱したような帝国主義政策と関税改革政策を支持して、自由党ウィリアム・グラッドストンを批判した[2]。1898年にグラッドストンが死去して、イギリスが挙国哀悼ムードになったときにも「どうして過去のことを糊塗しようとするのか」(Why gloss over the past?)と『セント・ジェームズ・ガゼット』で批判した[2]。政治以外では文学批評も投稿している[1]

ブリタニカ百科事典の編集長編集

1899年に『セント・ジェームズ・ガゼット』編集長を退職した後、『スタンダード英語版』紙のライターを短期間務め、1900年に『タイムズ』紙に招かれてブリタニカ百科事典第10版の共同編集者の1人になった[1]。チザムのほかにはサー・ドナルド・マッケンジー・ウォレス英語版アーサー・ツイニング・ハッドリー英語版が共同編集者を務めた[1]。ブリタニカ百科事典は1897年にホレス・エヴェレット・フーパー英語版が権利を買い取ってオーナーになっており、フーパーの努力もあって1902年から1903年にかけて出版された第10版(全35巻)は商業上の成功を収めた[2]

1903年、フーパーはチザムに新版の編集長になるよう求め、チザムは了承して作業に取り掛かった[2]。チザムがイギリスに住み、フーパーがアメリカに住んだものの、2人の協力は成功し、1910年にはブリタニカ百科事典第11版の編集が完成した[2]。フーパーは百科事典を大衆にも読めるよう改革したいと望み、チザムがその望みを「独学の民主化」(democratising the means of self-education)と形容したという[2]。具体的な手法としては、1つの記事を短くして、記事数を大幅に増やした(第10版が1万7千記事だったのに対し、第11版は4万記事を誇った[2])。しかし、1908年に『タイムズ』紙を買い取った初代ノースクリフ男爵アルフレッド・ハームズワースがフーパーとのブリタニカ百科事典共同出版から手を引いたため、1910年にケンブリッジ大学出版局が参入し、ブリタニカ百科事典第11版は1911年に出版にこぎつけた[2]

ブリタニカ百科事典第11版について、『オックスフォード英国人名事典』は『オックスフォード英語辞典』と『英国人名事典』に並ぶ文化事業であると評する一方、チザム本人と同じくフェミニズム関係が弱いとしており、共産主義の内容が少なく精神分析学に至っては記事すらなかったなどの問題もはらむとした[2]

晩年編集

チザムはブリタニカ百科事典第11版の出版で名声を大いに高め、同年にはノースクリフ男爵がタイムズ紙の編集者就任を打診してきたが、実際の就任は1913年となった[2]。1911年から1913年にかけては『ブリタニカ年鑑』(Britannica Year-book、1913年出版)を編集した[2][1]。同1913年にタイムズ出版社の役員にも就任、第一次世界大戦期は金融面の編集者を務めた[1]

1920年3月にタイムズ紙での職務を辞任してブリタニカ百科事典の新版に取り掛かり、1922年に第11版に3巻を追加する形で第12版が出版された[2]

1924年9月29日、ケンジントンのコートフィールド・ガーデンズ(Courtfield Gardens)3号で虫垂切除術を受けた末死去した[2]

家族編集

1893年7月29日、イライザ・ベアトリックス・ハリソン(Eliza Beatrix Harrison、1861年 – 1947年、ヘンリー・ハリソンの娘)と結婚、3男をもうけた[2]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i Chisholm, Hugh, ed. (1922). "Chisholm, Hugh" . Encyclopædia Britannica (英語). 31 (12th ed.). London & New York: The Encyclopædia Britannica Company. p. 669.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Hamilton, Nigel (19 May 2011) [23 September 2004]. "Chisholm, Hugh". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/32404 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  3. ^ a b Foster, Joseph, ed. (1893). Oxford Men 1880–1892 (英語). Oxford: James Parker & Co. p. 114.
  4. ^ a b c "Orbituary - Sir Henry Chisholm". The Times (英語). 22 July 1981. p. 14. 2021年5月24日閲覧
  5. ^ "No. 45262". The London Gazette (Supplement) (英語). 31 December 1970. p. 1.
  6. ^ Chisholm, Archibald H. T. (2006) [1975]. The First Kuwait Oil Concession Agreement: A Record of the Negotiations 1911–1934 (英語). London: Frank Cass. p. 195. ISBN 0-7146-3002-0
  7. ^ a b Trelford, Donald (5 January 2012) [8 January 2009]. "Davie, Michael". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/96229 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  8. ^ a b c d Chisholm, Archibald H. T. (2006) [1975]. The First Kuwait Oil Concession Agreement: A Record of the Negotiations 1911–1934 (英語). London: Frank Cass. p. 159. ISBN 0-7146-3002-0
  9. ^ "No. 60994". The London Gazette (英語). 22 September 2014. p. 18358.
  10. ^ Montague-Smith, Patrick W., ed. (2000). Debrett's Peerage and Baronetage (英語). Debrett's Peerage. p. 562.
  11. ^ a b c "John Chisholm 1905–1987" (PDF). The Journal of Gemmology (英語). Gemmological Association of Great Britain. 21 (1): 2. January 1988. ISSN 0022-1252

外部リンク編集