アポロンの泉水

ヴェルサイユ宮殿の庭園の中の泉水

アポロンの泉水(あぽろんのせんすい、フランス語:Bassin d'Apollon)、あるいはアポロンの車駕(しゃが)の泉水(フランス語:Le Bassin du Char d'Apollon)は、ヴェルサイユ宮殿の庭園の中の一つの泉水である。アポロンの噴水アポロンの泉とも。

シャルル・ルブランはこの泉の中心部を設計し、ギリシア神話の神であるアポロンが海から4頭の馬が引く戦車にのって昇っていく様を描いた。この池はかつて「白鳥の池」と呼ばれていた湧水地に、1639年に掘られている。ルイ14世が1671年に拡張工事を行った際、この池の東西が測定され、ルイ14世とアポロを同一視させることを期し、ルブランにアポロンに捧げるものとするよう促した。この時代、この夜明けを描いたテーマは人気があり、ヨーロッパの宮殿の天井などにも描かれている。噴水そのものは1668年から1671年の間に作成された。

アポロン泉水の姿編集

参考文献編集

  • Constans, Claire (1995), Versailles, Editions Mahe S.A., p. 83 

外部リンク編集

座標: 北緯48度48分27秒 東経2度06分39秒 / 北緯48.807362度 東経2.110703度 / 48.807362; 2.110703