アマデウス弦楽四重奏団

アマデウス弦楽四重奏団 (Amadeus String Quartet) は、1950年代から1970年代を代表する弦楽四重奏団である。

アマデウス弦楽四重奏団
Amadeus String Quartet
AmadeusQuartet1969.jpg
アマデウス弦楽四重奏団 (1969)
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリス
ジャンル 弦楽四重奏
活動期間 1948年 - 1987年
レーベル ドイツ・グラモフォン
メンバー ノーバート・ブレイニン (第1ヴァイオリン)
ジークムント・ニッセル (第2ヴァイオリン)
ペーター・シドロフ (ヴィオラ)
マーティン・ロヴェット (チェロ)

メンバー編集

アマデウス弦楽四重奏団のメンバーは

  • 第1ヴァイオリン - ノーバート・ブレイニン Norbert Brainin (1923年3月12日ウィーン; † 2005年4月10日ロンドン)
  • 第2ヴァイオリン - ジークムント・ニッセル Siegmund Nissel(1922年1月3日ミュンヘン; † 2008年5月21日ロンドン)
  • ヴィオラ - ペーター・シドロフ Peter Schidlof(1922年7月9日ウィーン; † 1987年8月16日ロンドン)
  • チェロ - マーティン・ロヴェット Martin Lovett(1927年2月3日ロンドン; † 2020年4月29日)

であり、終始変わらなかった。39年間という長きにわたり完全同一メンバーで活動を行った団体であった。

略歴編集

ウィーン生れのユダヤ人であるブレイニンとシドロフや、ウィーンからミュンヘンに移住したユダヤ人の両親のもとに生れ、9歳の時にウィーンに戻っていたニッセルは、1938年のオーストリア併合の影響で英国へ逃れた。しかし1939年9月に第二次世界大戦が開戦すると、敵性外国人としてマン島にあるOnchan Campへ収容された。そこで、彼らは3人は初めて出会うこととなった。

収容所から解放された3人は、同じようにイギリスに亡命していたポーランド生まれで独墺流派の高名なヴァイオリニスト、マックス・ロスタルに師事した。さらにロスタルを通じて、イギリス人のロヴェットと出会い、1948年に弦楽四重奏団としてデビューした。以来39年間同一メンバーで活動したが、1987年のシドロフの死によって活動が停止した。

芸風はウィーン的であり、ドイツオーストリア風とみなされていた。

業績としては1950年代から1960年代に録音されたモーツァルトベートーヴェンブラームス全集やシューベルトドヴォルザークの録音などがあり、スタンダードの一つとして高い評価を受けている。