アマラスンタ(Amalasuntha, Amalasuentha, Amalaswintha, Amalasuintha, 495年頃? - 535年4月30日、在位:534年)は、東ゴート王国の第3代君主、女王である。アマラスウィンタとも。初代国王で大王と呼ばれるテオドリックの娘であり、第2代国王アタラリックの母、次代テオダハドの従姉妹にあたる。

アマラスンタ
Amalasuntha
東ゴート女王
Nuremberg chronicles f 143r 3.jpg
後世のニュルンベルク年代記に描かれたアマラスンタ
在位 534年

出生 495年頃?
死去 535年4月30日
配偶者 トラグイラ(Traguilla)
  エウタリック
  テオダハド
子女 アタラリック
マタスンタ
家名 アマル家
父親 テオドリック
母親 アウドフレダ
テンプレートを表示

参考文献編集

  • Herwig Wolfram & Thomas J. Dunlap『History of the Goths』(University of California Press、1990年) ISBN 0520069838
  • Peter Heather『The Goths』(Blackwell Publishers、1998年) ISBN 0631209328
  • 松谷健二『東ゴート興亡史 東西ローマのはざまにて』(中公文庫、2003年) ISBN 4122041996

関連項目編集

先代:
アタラリック
東ゴート女王
534年
次代:
テオダハド