アマーリア・アヴ・スヴェーリエ

アマーリア・マリア・シャルロッタ・アヴ・スヴェーリエAmalia Maria Charlotta av Sverige, 1805年2月22日 - 1853年8月31日)は、スウェーデンの王女。グスタフ4世・アドルフ王と王妃フレドリカの間の第4子、次女。

アマーリア・アヴ・スヴェーリエ
Amalia av Sverige
Amalia of Sweden c 1840 by Josef Kriehuber.jpg
スウェーデン王女アマーリア、ヨーゼフ・クリーフーバーのリトグラフ、1840年頃

出生 (1805-02-22) 1805年2月22日
ストックホルム
死去 (1853-08-31) 1853年8月31日(48歳没)
オルデンブルク
家名 ホルシュタイン=ゴットルプ家
父親 スウェーデン王グスタフ4世アドルフ
母親 フリーデリケ・フォン・バーデン
テンプレートを表示

王家のガヴァネスを務めるシャルロッテ・シェルネル英語版伯爵夫人の監督下で、兄姉たちと一緒に養育された。1809年クーデタ英語版で父王が廃位・追放されたため、家族で母の郷里バーデン大公国に移り、同地で育った。アマーリアはくる病に由来する身体障害のため生涯独身を通した[1]。音楽に関心が深く、オペラ歌手ジェニー・リンドと交友を持った[2]

引用編集

  1. ^ Amalia Charlotta i Wilhelmina Stålberg, Anteckningar om svenska qvinnor (1864)
  2. ^ Ulf Sundberg Kungliga släktband 91-85057-48-7 s. 187