フリーデリケ・フォン・バーデン

フリーデリケ・フォン・バーデン(Friederike Dorothea Wilhelmina von Baden, 1781年3月12日 - 1826年9月25日)は、スウェーデン王グスタフ4世アドルフの王妃。スウェーデン語名はフレドリカ・アヴ・バーデン(Fredrika av Baden)。

フレドリカ・アヴ・バーデン
Fredrika av Baden
スウェーデン王妃
Frederica of Sweden c 1810 by Joseph Karl Stieler.jpg
在位 1797年10月31日 - 1809年3月29日

出生 1781年3月12日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flagge Großherzogtum Baden (1891–1918).svg バーデン辺境伯領カールスルーエ
死去 (1826-09-25) 1826年9月25日(45歳没)
スイスの旗 スイスローザンヌ
埋葬  スウェーデンストックホルムリッダルホルム教会
結婚 1797年10月6日 シュトラールズント
配偶者 スウェーデングスタフ4世アドルフ
子女 グスタフ
ソフィア
カール・グスタフ
アマーリア
セシリア
家名 バーデン家
父親 バーデン大公世子カール・ルートヴィヒ
母親 アマーリエ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット
テンプレートを表示
グスタフ4世アドルフとフリーデリケ

生涯編集

バーデン大公世子カール・ルートヴィヒと、その妃であるヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の娘アマーリエの間に三女(第4子)として生まれた。姉ルイーゼ(エリザヴェータ・アレクセーエヴナ)はロシア皇帝アレクサンドル1世の皇后。

1797年にグスタフ4世と結婚。2人の間には5子が生まれた。

1808年に第二次ロシア・スウェーデン戦争が勃発した。これがのちにグスタフ4世の退位に繋がるのだが、奇しくもフリーデリケの姉ルイーゼ(エリザヴェータ・アレクセーエヴナ)はロシアに嫁いでおり、ロシア皇帝アレクサンドル1世の皇后となっていた。

夫の退位とともに家族でバーデンに移った。しかしグスタフ4世が滞在に耐えられなくなり、1812年に2人は離婚した。

子女編集

フリーデリケはスイスローザンヌで亡くなった。

関連項目編集

スウェーデン・ラップランドの諸都市は、フリーデリケの名にちなんで名付けられた。

  • フレドリカ(1799)
  • ドロテア(1799)
  • ヴィルヘルミナ(1804)