アミラル・ムルヂェスク (機雷敷設艦/海防艦)

ルーマニア海軍の機雷敷設艦

アミラル・ムルヂェスクルーマニア語: Amiral Murgescu)は、ルーマニア海軍の機雷敷設艦/海防艦。後にソビエト連邦海軍に接収され、ドンロシア語: Дон)として運用された。

アミラル・ムルヂェスク
ドン
Romanian minelayer Amiral Murgescu diagram.jpg
基本情報
建造所 ガラツィ造船所
運用者 ルーマニア海軍、ソビエト連邦海軍
艦種 機雷敷設艦/海防艦[1]
艦歴
起工 1938年8月1日
進水 1939年6月14日
竣工 1941年3月2日[2]
退役 1944年9月8日、ソビエト連邦海軍艦に
除籍 1988年5月27日
除籍後 1988年7月4日売却、解体
要目
基準排水量 812トン
公試排水量 1068トン
全長 76.9m
最大幅 9.1m
吃水 2.5m
機関 クルップ製ディーゼルエンジン2基
出力 1800hp
推進器 2軸
速力 16ノット
航続距離 3400カイリ/ 16ノット
乗員 135名
兵装
  • SK105mm両用砲2門
  • ラインメタル37mm機関砲2門
  • エリコン20mm機関砲4門
  • ルイス13.2mm機銃2基 (4門)
  • 爆雷投射機2基
  • 爆雷65個
  • 機雷135個
テンプレートを表示

構造編集

基準排水量812t、満載排水量1068t[3]。全長76.9m、全幅9.1m、吃水2.5m。当初はSK105mm両用砲2門、ラインメタル37mm機関砲2門、エリコン20mm機関砲4門、ルイス13.2mm機銃4挺、爆雷投射機2基と機雷135個を備えた+爆雷65個[4][5][6][7][8]。乗員135人、1,100馬力のクルップ製ディーゼルエンジン2基(合計出力1,800馬力)で、速力16ノット、航続距離3,400海里に達した[9][10]

艦歴編集

1938年8月1日起工[11]、1939年6月14日、カロル2世により進水した[12]

最初の任務は1941年6月16日から19日にかけて、コンスタンツァ港防衛のため機雷敷設艦アゥロラ、改装機雷敷設艦レヂェーレ・カロル1世と共にコンスタンツァの北(ナボダリ)に位置するミディア岬から、南に位置するツズラまでの海域に1,000個の機雷を敷設した。23日、ソビエト連邦による空襲により2名が負傷、翌日にも発生した空襲では2機を撃墜し、これが直接的な戦闘での初戦果となった[13]

ソビエト連邦黒海艦隊による26日のコンスタンツァ襲撃の際には駆逐艦マラシュティレヂーナ・マリーア、ドイツ軍ティルピッツ沿岸砲台と共に防戦に当たり航空機2機を撃墜し、機雷原によりキーロフ級軽巡洋艦ヴォロシーロフが損傷、レニングラード級駆逐艦モスクワが沈没している[14][15]。後に潜水艦4隻(Shch-213、M-25、M-34、Shch-208)がこの機雷原によって沈没しているが[16]、1943年にドイツのRボートR-36も沈没している[17]

7月、対空戦闘のために105mm砲の防楯を撤去した。8月5日の空襲で、3機を撃墜[18]。総撃墜数は12機となっている[19]

10月7日から16日にかけて、改装機雷敷設艦2隻(レヂェーレ・カロル1世、ダチア)と共に、ブルガリア、ルーマニア両海軍の護衛の下、機雷原4箇所、部分的な機雷原1箇所を構築した[20]。潜水艦4隻(S-34、L-24、Shch-210、Shch-211)が、これらの機雷原で失われた[16]

1942年2月、ドナウ川河口のスリナに機雷原を構築した[21]

6月24日、ダチアと共にオデッサ沖で機雷を敷設[22]。これにより潜水艦2隻(M-33、M-60)[23]、砲艇2隻(YA-26、YA-27)が沈没している[24][25]

1942年10月29日から30日と11月5日には、ダチアと共にズミィイヌイィ島を防護するため機雷原2つを構築した[26]。12月11日に潜水艦Shch-212がこの機雷により沈没した[27][28][29]。17日には潜水艦M-31が沈没しているが[30][31]、1943年7月7日にマラシェスティによる撃沈とする説もある[32]。12月1日、軽巡洋艦ヴォロシーロフとストロジェヴォイ級駆逐艦ソオブラジーテリヌイが、ズミィイヌイィ島を砲撃した。ヴォロシーロフは触雷したが自力航行が可能であり、ポティまで後退し修理に入った。砲撃では180mm砲弾46発、100mm砲弾57発が打ち込まれたが、被害は無線局、兵舎、灯台にとどまった[33][34][35][36][37]

1943年9月15日、ドイツ海軍の護衛下でドイツの改装機雷敷設艦2隻と共にヘルソン湾口付近に機雷を敷設した[38]

機雷敷設に当たらない時期には、船団護衛に充当された[39]。1942年11月から1943年9月にかけて、コンスタンツァ - セヴァストポリ間で16回の護衛任務をこなした。中でも1943年7月19日から20日の任務は、単艦で行われた[40]。1944年4月15日、クリミア半島からの撤退戦では、5度の爆撃を受け、2機を撃墜したが、105mm砲と20mm機関砲各1門が損傷した[41][42]。1944年5月12日、撤退戦においてクリミア半島を離れる最後のルーマニア艦艇となった[43]

5月25日から26日には、スリナ沖で既存の機雷原を強化するためダチアと共に機雷を敷設したが[44]、8月22日にドイツ艇SボートS-148が触雷し、沈没した[45]

5月29日、 ルーマニア星勲章英語版ルーマニア王冠勲章英語版が授けられた[19][46]

1944年8月23日のルーマニア革命後、9月8日にソビエト連邦に接収されドンとなった[12][47]。1945年4月2日練習艦に改装、1947年1月18日母艦となり、1947年2月9日指揮艦となった後、1956年5月7日に武装を降ろし宿泊艦PKZ-107、さらに1958年1月4日工作艦PM-76(1958年1月8日、PMR-76に改称)へと任務を変えて運用され、1988年5月27日除籍、7月4日に解体のため売却された[48]

艦長編集

第二次世界大戦期の艦長[46]
艦長 在任
Alexandru Dumbravă 1941–1942
Ovidiu Mărgineanu 1942–1943
Gheorghe Harting 1943
Anton Foca 1943–1944

姉妹艦編集

出典編集

  1. ^ Antony Preston, Warship 2001-2002, p. 80
  2. ^ Nicolae Koslinski, Raymond Stănescu, Marina română in al doilea război mondial: 1941-1942, Făt-Frumos, 1996, p. 72
  3. ^ The Shipbuilder and Marine Engine-builder, Volume 46, Shipbuilder Press, 1939, p. 449
  4. ^ Robert Gardiner, Conway's All the World's Fighting Ships 1922-1946, Naval Institute Press, 1980, p. 362
  5. ^ Janusz Piekałkiewicz, Sea War, 1939-1945, Historical Times, 1987, p. 350
  6. ^ John Campbell, Naval Weapons of World War Two, Conway Maritime Press, 2002, p. 389
  7. ^ Frederick Thomas Jane, Maurice Brazil Prendergast, Oscar Parkes, Jane's Fighting Ships, Jane's Publishing Company Limited, 1961, p. 198
  8. ^ Jipa Rotaru, Ioan Damaschin, Glorie și dramă: Marina Regală Română, 1940-1945, Ion Cristoiu Publishing, 2000, p. 255 (in Romanian)
  9. ^ Robert Gardiner, Conway's All the World's Fighting Ships 1922-1946, Naval Institute Press, 1980, p. 362
  10. ^ The Shipbuilder and Marine Engine-builder, Volume 46, Shipbuilder Press, 1939, p. 449
  11. ^ Robert Gardiner, Warship 1991, Conway Maritime Press, 1991, p. 147
  12. ^ a b “PUITORUL DE MINE „Amiral Murgescu””. Poseidon (アミラル・イオン・ムルヂェスク海軍下士官学校) (3): 11. (2016). http://www.smmmfn.ro/mat_promo/Poseidon_2016_003_44p_web.pdf. 
  13. ^ Jipa Rotaru, Ioan Damaschin, Glorie și dramă: Marina Regală Română, 1940–1945, Ion Cristoiu Publishing, 2000, pp. 45–46
  14. ^ Jonathan Trigg, Death on the Don: The Destruction of Germany's Allies on the Eastern Front, Chapter 3
  15. ^ Antony Preston, Warship 2001–2002, pp. 70 - 71
  16. ^ a b Mikhail Monakov, Jurgen Rohwer, Stalin's Ocean-going Fleet: Soviet Naval Strategy and Shipbuilding Programs 1935–1953, pp. 265–266
  17. ^ Gordon Smith, Don Kindell, Donald A. Bertke, World War II Sea War, Vol 9: Wolfpacks Muzzled, p. 203
  18. ^ Antony Preston, Warship 2001–2002, p. 72
  19. ^ a b Albu Danut (2014年6月1日). “Amiral Murgescu”. Liga Militarilor Profesionişti. 2017年10月23日閲覧。
  20. ^ Donald A Bertke, Gordon Smith, Don Kindell, World War II Sea War, Volume 4: Germany Sends Russia to the Allies, p. 323
  21. ^ Antony Preston, Warship 2001–2002, p. 76
  22. ^ Donald A. Bertke, Gordon Smith, Don Kindell World War II Sea War, Volume 6: The Allies Halt the Axis Advance, p. 268
  23. ^ Mikhail Monakov, Jurgen Rohwer, Stalin's Ocean-going Fleet: Soviet Naval Strategy and Shipbuilding Programs 1935–1953, p. 266
  24. ^ Nicolae Koslinski, Raymond Stănescu, Marina română in al doilea război mondial: 1944–1945, p. 365 (in Romanian)
  25. ^ Navypedia:Ya-5 and Ya-5M types motor mortar boats (1942–1945)
  26. ^ Nicolae Koslinski, Raymond Stănescu, Marina română in al doilea război mondial: 1942–1944, pp. 53–54
  27. ^ Donald A Bertke, Gordon Smith, Don Kindell,World War II Sea War, Volume 8: Guadalcanal Secured, p. 77
  28. ^ Shch-212 on uboat.net
  29. ^ Shch-212 on wrecksite.eu
  30. ^ Gogin, Ivan. “"Series XII" submarines (project 40) (1937–1943)”. Navypedia. 2017年8月20日閲覧。
  31. ^ Helgason, Guðmundur. “M-31”. uboat.net. 2017年8月20日閲覧。
  32. ^ M. J. Whitley, Destroyers of World War Two: An International Encyclopedia, Naval Institute Press, 1988, p. 224
  33. ^ Jipa Rotaru, Ioan Damaschin, Glorie și dramă: Marina Regală Română, 1940–1945, Ion Cristoiu Publishing, 2000, pp. 93–94
  34. ^ Timothy C. Dowling, Russia at War: From the Mongol Conquest to Afghanistan, Chechnya, and Beyond, p. 128
  35. ^ Spencer C. Tucker, World War II at Sea: An Encyclopedia,. p. 114
  36. ^ Nicolae Koslinski, Raymond Stănescu, Marina română in al doilea război mondial: 1942–1944, p. 56 (in Romanian)
  37. ^ Yakubov, Vladimir; Worth, Richard (2009). The Soviet Light Cruisers of the Kirov Class. In Jordan, John. Warship 2009, p. 92
  38. ^ Jipa Rotaru, Ioan Damaschin, Glorie și dramă: Marina Regală Română, 1940–1945, Ion Cristoiu Publishing, 2000, p. 120
  39. ^ Antony Preston, Warship 2001–2002, p. 80
  40. ^ Jipa Rotaru, Ioan Damaschin, Glorie și dramă: Marina Regală Română, 1940-1945, Ion Cristoiu Publishing, 2000, pp. 267-272
  41. ^ Nicolae Koslinski, Raymond Stănescu, Marina română in al doilea război mondial: 1942–1944 (in Romanian)
  42. ^ Jipa Rotaru, Ioan Damaschin, Glorie și dramă: Marina Regală Română, 1940–1945 (in Romanian), p. 138
  43. ^ Robert Forczyk, Where the Iron Crosses Grow: The Crimea 1941–44, Chapter 9
  44. ^ Antony Preston, Warship 2001–2002, Conway Maritime Press, 2001, p. 84
  45. ^ Lawrence Paterson, Schnellboote: A Complete Operational History, p. 261
  46. ^ a b Constantin Cumpănă, Corina Apostoleanu, Amintiri despre o flota pierduta – vol. II – Voiaje neterminate, 2011, Telegraf Advertising
  47. ^ Mikhail Monakov, Jurgen Rohwer, Stalin's Ocean-going Fleet: Soviet Naval Strategy and Shipbuilding Programs 1935–1953, p. 167
  48. ^ Navypedia: DON minelayer (1941/1944)
  49. ^ Naval Institute Proceedings, Volume 65, United States Naval Institute, 1939, p. 1364
  50. ^ Robert Gardiner, Warship 1991, Conway Maritime Press, 1991, p. 147
  51. ^ Earl Thomas Allnutt Brassey, Brassey's Annual: The Armed Forces Year-book, Volume 58, Praeger Publishers, 1947, p. 259