ノット

ヤード・ポンド法の速度の単位

ノット (knot 記号: kn, kt)は速さ単位であり、1ノットは1時間に1海里 (1852 m) 進む速さである。

ノット (knot)
記号 kt(計量法),kn(SI国際文書第8版(2006年)(廃版)における記号)
非SI単位
速さ
SI 約 0.514 444 m/s
定義 (1852/3600)m/s = 1時間に1海里進む速さ 
テンプレートを表示

概要編集

日本の計量法では、その第5条第2項において、用途を限定する計量単位を「特殊の計量単位」として認めている[1]。ノットはこの「特殊の計量単位」の一つであり、「航海又は航空に係る速さの計量」に限定して使用が認められている[2][3]

計量法におけるノットの定義は、「1時間に1852メートルの速さ」すなわち、1時間に1海里進む速さということである。(1852/3600) m/s であり、換算すると、約 0.514 444 m/s ということになる。ただし、イギリスでの公式の定義では、(正確に)0.514 77 m/s である[4]。これは、1海里を1853.184 m (6080 国際フィート)とし、これを3600で除した値を小数5桁に丸めたものである。

ノットは現在も船舶航空機の速度をあらわす単位としてよく用いられている。これは海図上や航空図上で距離を測るには緯度1に相当する海里を用いて計算するほうが容易であり、したがって速度もノットを用いる方が便利であるためである[5]。ノットを使用する際には、SI単位(この場合はキロメートル毎時 (km/h) など)との対応関係を示す必要がある。

国際単位系 (SI) における位置付け編集

ノットは、現在の国際単位系 (SI) の国際文書(第9版、2019年)においては、「その他の非SI単位」としても認められていない。かつては(2006年から2019年まで)、国際単位系(SI)の文書である国際文書第8版 (2006)において「表8 その他の非SI単位」の一つとして掲げられていた[6]

ノットの記号編集

ノットの単位記号には、国際的に合意された記号はないが、kn がよく使われる[7]。ただし、日本の計量法では、単位記号は「kt」と定められている[8]

かつては漢字で"節"という表記が用いられたことがある。しかし、この漢字表記は計量法では認められていない。

かつての定義など編集

かつては海里の定義が様々に異なっていたので、ノットの定義も異なっていたが、現在では国際海里を基にしたものにほぼ統一されている。

国際海里は1929年に定められたが、アメリカ1954年まで1海里 = 正確に6080.20 測量フィート = 約1853.248 666メートル、イギリス1970年まで1海里 = 正確に6080 国際フィート = 正確に1853.184メートルという定義を使っていた(この値は現在でも、イギリスの公式のノットの定義の算出に用いられている)。

起源編集

ノットという言葉は英語で「結び目」を意味する。

大航海時代、船の緯度を知るには時計太陽の高度を、経度を知るためには速度計測する必要があった。

当初、船の船首から丸太(log)を投げ込み、船尾までの時間を砂時計で計り、記録したが船によってマチマチで経験豊富な航海長が必要であったし、夜や嵐の中では計測不能と言う欠点があった。そこで、ロープの先端に丸太や板をしばり、ロープに一定の間隔で結び目を作り、丸太や板を海に投げ込んでから一定時間の間に結び目がいくつ手の中を通過するかをカウントして記録するようになった。結び目は「ノット」(knot)なので、この語が速度の語源になった。ちなみに、英語では2以上は two knots, three knots のように「ノッツ」になるが、日本語では常に単数形の「ノット」を使う。なお、1 NM(海里)は緯度の 1 の距離であるので、どの緯度であっても地図とディバイダがあれば計算できる。

速度計の登場以前においては「ハンドログ」という器具を用いて「28砂時計の砂が落ちきる前にロープの等間隔の結び目(knot)をいくつ繰り出したか」で速度を測っていた[9]。結び目と結び目との間は 15.4 mであった。

目立った目印のない海上空中では、自船の位置は進行する方位と速さを求め、その速度で航行した時間を用いて把握していた。1 海里は緯度 1 分に相当する平均的な子午線弧の長さに等しいことから、海図上では非常に分かりやすい単位となる。このため、海里を単位に含むノットは、船舶航空機でよく使用されることとなった。

航海航空分野以外でも、気象観測における風速の単位として使われることがある。例えば、国際的な海上気象データの収集・保管には、ノットが現在も使用されている[10]

換算編集

速度の単位
メートル毎秒
SI単位)
キロメートル毎時 ノット マイル毎時 フィート毎秒
1 m/s = 1 m/s = 3.6 km/h ≈ 1.9438 kt ≈ 2.2369 mph ≈ 3.2808 fps
1 km/h ≈ 0.27778 m/s = 1 km/h ≈ 0.53996 kt ≈ 0.62137 mph ≈ 0.91134 fps
1 kt ≈ 0.51444 m/s = 1.852 km/h = 1 海里/h ≈ 1.1508 mph ≈ 1.6878 fps
1 mph = 0.44704 m/s = 1.609344 km/h ≈ 0.8690 kt = 1 mi/h ≈ 1.4667 fps
1 fps = 0.3048 m/s = 1.09728 km/h ≈ 0.59248 kt ≈ 0.68181 mph = 1 ft/s

簡便な換算編集

1ノットは、約0.514 m/s なので、概数として、1ノットの2倍が 1 m/s であるとして、簡便に換算することが多い。さらに、1ノットを1.9 km/h、1海里を 1.9kmとして簡便に換算されることもある[11][12]

例えば、

  • 10ノット → 約5 m/s 
  • 10ノット → 約19 km/h (10海里 → 約19 km)

符号位置編集

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+33CF - ㏏
㏏
SQUARE KT

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ 計量法 第五条 第2項 前二条及び前項に規定する計量単位のほか、海面における長さの計量その他の政令で定める特殊の計量に用いる長さ、質量、角度、面積、体積、速さ、加速度、圧力又は熱量の計量単位及びその定義は、政令で定める。
  2. ^ 計量単位令(平成四年政令第三百五十七号) 別表第6 第9号「航海又は航空に係る速さの計量、 ノット、 一時間に千八百五十二メートルの速さ」”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (基準日). 2020年4月2日閲覧。 “2017年4月1日時点での施行分”
  3. ^ 表4 用途を限定する非SI単位 経済産業省 
  4. ^ [1] RELEVANT IMPERIAL UNITS, CORRESPONDING METRIC UNITS AND METRIC EQUIVALENTS  最下段
  5. ^ 004 ロープの結び目から生まれた、船の速力の単位「ノット」 日本船主協会:海運資料室:海運雑学ゼミナール
  6. ^ 国際文書第8版 (2006) 国際単位系 (SI) 日本語版 p.40 表 8 その他の非SI単位
  7. ^ 国際文書第8版 (2006) 国際単位系 (SI) 日本語版 [2] p.40、表8、注(f)「ノットは 1 時間に 1 海里進む速さである.国際的に合意された記号はないが,kn がよく使われる.」
  8. ^ 計量単位規則(平成四年通商産業省令第八十号) 別表第4”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (基準日). 2020年4月2日閲覧。 “2017年4月1日時点での施行分”
  9. ^ 船の物知りコーナー(No. 4「船の関係で使われる単位」について) (PDF)”. 技術支援部. JRTT 鉄道・運輸機構. 2017年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月3日閲覧。
  10. ^ 大木紗智; 吉田隆. "海上気象データの長期保管フォーマット" (PDF). 測候時報第75巻特別号(2008)、第 2.3.1 表 IMMPC(1982年版). 気象庁. p. S147 けた位置25-26. 2016年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ (PDF)。2021年3月30日閲覧
  11. ^ [3] 速度・風速・距離の換算表、気象等の知識、気象庁 
  12. ^ [4]

関連項目編集