アムグン川(Amgun、ロシア語: Амгу́нь)は、ロシア極東部のハバロフスク地方を流れるで、アムール川左岸の大きな支流の一つ。長さは723kmにおよぶ。代までは中国語で「興袞河」(現在はロシア語の音写「阿姆貢河」)と呼ばれた。

アムグン川
延長 723 km
平均の流量 500 m³/s
流域面積 55,500 km²
水源 ブレヤ山脈、ブレイスコゴ山脈
水源の標高 -- m
河口・合流先 アムール川
流域 ロシア
テンプレートを表示

アムグン川はアヤーキト川Аякит)とスルク川Сулук)の合流により形成される。湿地の多いタイガを抜ける川はしばしば雨で水かさを増し洪水をおこす。おもな支流はニメレン川Нимелен、額密勒河)などがある。ウリチ地区トィルの町の付近でアムール川最下流に合流する。この後、アムール川はおよそ140キロメートルで河口に達する。

アムール川の合流点から330km上流まで航行可能である。サケチョウザメコイなどの漁業資源、上流の森林資源なども豊富である。