アムピテアー古希: Ἀμφιθέα, Amphitheā)は、ギリシア神話の女性である。アンピテアー、あるいは長音を省略してアムピテアアンピテアとも表記される。主に、

が知られている。以下に説明する。

プローナクスの娘編集

このアムピテアーは、プローナクスの娘で、リュクールゴスと兄弟。アルゴスの王アドラーストスと結婚し、アルゲイアーデーイピュレーアイギアレイアアイギアレウスを生んだ[1]

リュクールゴスの妻編集

このアムピテアーは、一説によるとネメアーの王リュクールゴスの妻で、オペルテース(アルケモロス)の母[2]

アウトリュコスの妻編集

このアムピテアーは、アウトリュコスの妻で[3]アンティクレイア[4][5]ポリュメーデー[6]、アイシモスの母である。アンティクレイアはラーエルテースと結婚してオデュッセウスの母、ポリュメーデーはアイソーンと結婚してイアーソーンの母となり(他の説ではアルキメデー)、アイシモスはシノーンの父となった。

アイオロスの妻編集

このアムピテアーは、エトルリアの王アイオロスの妻で、6人の息子と6人の娘の母である。末の子供マカレウスカナケー近親相姦の罪を犯したたため、自害した[7]

その他のアムピテアー編集

脚注編集

  1. ^ アポロドーロス、1巻9・13。
  2. ^ アポロドーロス、1巻9・14。
  3. ^ 『オデュッセイアー』19巻416行。
  4. ^ 『オデュッセイアー』11巻85行。
  5. ^ 『オデュッセイアー』19巻394行。
  6. ^ アポロドーロス、1巻9・16。
  7. ^ プルタルコス『ギリシアとローマの対比物語』28話。”. Theoi Greek mythology. 2021年12月25日閲覧。
  8. ^ ビューザンティオンのステパノス英語版、Tenedos。

参考文献編集