アムラスAmras第一紀? - 4997年)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『シルマリルの物語』の登場人物。もっとも偉大なエルフフェアノール七人の息子の末男。アムロドとは双子。母ネアダネルを通じて赤髪(もしくは赤褐色)を継いだ。ノルドールの上級王フィンウェの孫。父、兄弟とともにフェアノールの誓言をなした。

アムラスの父名はクウェンヤで「最後のフィンウェ」を意味する、テルフィンウェTelufinwë)であった。母名は「赤頭」を意味するアンバルッサAmbarussa)を双子の兄弟アムロドと分け合った。父フェアノールが双子は別々の名を持つべしとすると、のちに母ネアダネルはアムラスを、「命運尽きたもの」を意味するウンバルトUmbarto)と呼んだ。フェアノールはこれを不安に思い、アンバルトAmbarto)と変えた。とはいえ当の双子はお互いをアンバルッサと呼んだ。

命運尽きたもの編集

母名ウンバルトはエルフの母が持つ予見の力を証明することとなった。フェアノールがアルクウァロンデでうばったテレリの白鳥船をロスガールで燃やしたさい、不快を理由に船内に残っていたアムラスは死んだ。フェアノールが推量し確信するところでは、アムラスは父の所業に衝撃を受け、船を戻してネアダネルの元へ帰ろうとしたのであろう。

異伝編集

ロスガールでの事故死は後期の案であったため、出版された『シルマリルの物語』では語られていない。同作ではアムラスとアムロドは常に行動を共にしたことになっている。

フェアノールの系図編集

 
 
 
 
 
 
 
フィンウェ
 
ミーリエル
 
マハタン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェアノール
 
 
 
ネアダネル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マイズロス
 
マグロール
 
ケレゴルム
 
カランシア
 
クルフィン
 
アムロド
 
アムラス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケレブリンボール

関連項目編集