アメデーオ1世・ディ・サヴォイア

アメデーオ1世・ディ・サヴォイアコーダAmedeo I di Savoia detto Coda, 1016年 - 1051年)は、サヴォイア伯アオスタ伯、モーリエンヌ伯(在位:1047年または1048年 - 1051年)。フランス語名アメデ1世・ド・サヴォワ(Amédée Ier de Savoie)。

アメデーオ1世・ディ・サヴォイア
Amedeo I di Savoia
サヴォイア伯
Amedeo I di Savoia.jpg
在位 1047/8年 - 1051年

出生 1016年
死去 1051年
配偶者 アディーラ
子女 ウンベルト
アイモーネ
家名 サヴォイア家
父親 サヴォイア伯ウンベルト1世
母親 アンシリア
テンプレートを表示

生涯編集

渾名のコーダ(尻尾の意)は、神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世によりヴェローナ(またはローマ)に招集された際に、護衛として後ろに付くのを許されるまで街に入るのを断ったという逸話から付けられた。

アディーラ(Adila / Adalegida / Adelaide)と結婚し、2人の息子を授かった。ウンベルトは1051年に若くして亡くなり、アイモーネはベレー司教となり1060年に死んだ。

サヴォワモーリエンヌにおける父の地位を固め、ル・ブルジェ=デュ=ラックの執政官を創設した。

1051年の死後は弟オッドーネ1023年 - 1060年)が後を継いだ。