アメリゴ・ホフマン

アメリゴ・ホフマン(Amerigo Hofmann、1875年 - 1945年)は、オーストリアイタリアの行政官、林学者。20世紀初頭に日本の東京大学に招聘され5年間滞在。森林理水や砂防治山工学を中心とした森林土木の分野で足跡を残した。現在でも愛知県瀬戸市などにホフマン工事と呼ばれたはげ山の復旧地が伝えられている。

経歴編集

子孫編集

子供と孫も林学者となったと伝えられている[1]

出典編集

  1. ^ 治山事業の歴史(愛知県農林水産部農林基盤担当局森林保全課ホームページ)