アラピラカ

ブラジルのアラゴアス州の自治体

アラピラカポルトガル語: Arapiraca)は、ブラジルアラゴアス州中部に位置する自治体、市、急成長都市であり、州都のマセイオから135 km (84 mi)離れている。アラピラカは1924年に設立された。

アラピラカ
自治体、市
Arapiraca392.jpg
アラピラカの旗
アラピラカの公式印章
印章
アラゴアス州内のアラピラカの位置
アラゴアス州内のアラピラカの位置
アラピラカの位置(ブラジル内)
アラピラカ
アラピラカ
ブラジル国内の位置
南緯9度45分07秒 西経36度39分39秒 / 南緯9.75194度 西経36.66083度 / -9.75194; -36.66083座標: 南緯9度45分07秒 西経36度39分39秒 / 南緯9.75194度 西経36.66083度 / -9.75194; -36.66083
ブラジルの旗 ブラジル
アラゴアス州
中地域 アグレステ・アラゴアノ
小地域 アラピラカ
設立 1924年10月30日
政府
 • 市長 Luciano Barbosa
標高
264 m
人口
(2010)
 • 合計 214,067人
族称 Arapiraquenses
ウェブサイト 公式ウェブサイト

2010年現在、アラピラカの人口は約214,000人である[1]。また、アラゴアス州で2番目に大きい都市でもある。

市は、タバコの生産で有名になっており、「ブラジルのタバコ首都」としても知られている。

近隣の自治体編集

北から時計回り:

スポーツ編集

ASAとして名高いアグレミアソン・スポルチーヴァ・アラピラケンセは、市のサッカークラブである。このクラブは、エスタジオ・ムニシパウ・コアラシ・ダ・マッタ・フォンセカをホームスタジアムとしてプレイしている。

出身者編集

出典編集

  1. ^ IBGE - [1]