アリアプロII(アリアプロツー、: Aria Pro II)は、日本の楽器メーカー荒井貿易エレクトリックギターエレクトリックベースおよびその周辺機器に名を冠されるブランドである。

Aria Pro II Bass
1983 Aria Pro II, PE-R100

概要編集

荒井貿易は海外からのギター輸入から始まり、60年代のエレキブームの頃に自社ブランドであるAriaやAria Diamondでソリッドギターを販売していた。Ariaは荒井のアナグラムであり、また音楽用語でもあることから名付けられた。

1970年代半ばに海外有名メーカーのコピーモデルを製造する際に、従来販売していたエレクトリックギターからのイメージチェンジのためAriaPro IIの名称に変更。1970年代後半にはエレクトリックギターPEシリーズやエレクトリックベースSBシリーズなど、自社オリジナルモデルを中心としたラインアップにシフトすることになる。これらのエレキギターやエレキベースを主に製造していたのはマツモク工業であった。

これらのオリジナルモデルは少しずつ国内外のプロミュージシャンから評価を得るようになり、ステージやレコーディングでの使用されたり、使用者としてカタログに有名ミュージシャンが掲載されるようになった。

1980年代のHR/HMブームには、従来のオリジナルモデルに加えて高機能で攻撃的なシェイプのエレクトリックギターやエレクトリックベースを発売。

1990年代以降は主に韓国・中国などで低価格帯の商品を製造、高価格帯は国内の工場で製造する体制となり、低価格帯の商品が広く楽器店で初心者向けに小型アンプ等とセット販売されたことから、AriaPro IIは「初心者が購入する安いギター・ベースのブランド」というイメージが定着することになる。最上位ブランドとしてAPブランドが展開された。

現在は低価格帯で海外有名ブランドのコピーモデルをLegendとBlitzというブランドに分けて、オリジナルモデルのラインナップをAriaPro IIとしており、またAP IIとして新たな最上位ブランドが展開されている。

主なモデル編集

PE編集

形状はギブソン・レスポールに近いが、ネックはロングスケールでネックジョイント部が大きくカットされている「ヒールレスジョイント」によりハイポジションの演奏がしやすくされている。最初のモデルであるPE-1500はオリジナルブリッジとディマジオのハムバッキングピックアップでワンボリューム・ワントーンという仕様であった。モデルサイクルが長く、トレモロユニットが搭載されたものやセミホロウボディのものなど、さまざまな仕様のモデルが存在する。

RS編集

スルーネックで左右非対称のカッタウェイと初期モデルは複雑なサーキットが特徴。RS-850はアクティブピックアップでブースター回路を搭載しており、多彩な音を本体から出力することができる。このような初期モデルの仕様はB.C.リッチを手本にしたと言われている。80年代になると一般的なサーキットでロック式トレモロユニットを搭載したモデルが登場してHM/HM向けモデルとなった。

TS編集

CS編集

SH編集

TA編集

ZZ編集

XX編集

MA編集

SB編集

使用アーティスト編集

国内のギタリスト編集

  • 福山雅治 - 高校時代に皿洗いのバイトでお金を貯めPE-R100を購入。現在も時々使用。
  • 渡辺香津美 - YMOサポート、KAZUMI BAND当時、RS、PE、PEシグネチャーモデルなどを使用。
  • 松原正樹 - パラシュート在籍当時、PE-R80を使用。
  • 大橋隆志 - PE-Jail、RS-Jail等のシグネチャーモデルなどを使用。
  • 石原慎一郎(EARTHSHAKER) - PE、XX、RSシグネチャーモデルを使用。
  • 五十嵐美貴SHOW-YA)- SHOW-YAのデビュー当時、PEを使用。
  • 浅井健一BLANKEY JET CITY)- BLANKEY JET CITYのデビュー当時、PEを使用。

海外のギタリスト編集

国内のベーシスト編集

  • 松井常松 - ソロ活動初期にシグネチャーモデル「サイバーアロー」を使用。

海外のベーシスト編集

(サムヤッファ) ハノイロックス) 元ベーシスト

関連項目編集