アリアン4は、欧州宇宙機関1988年から2003年まで使用していたロケットアリアンスペース社の商品でもある。

アリアン 4
アリアン42P TOPEX/Poseidon衛星打上げ準備 (1992年8月10日クールーにて)
アリアン42P TOPEX/Poseidon衛星打上げ準備 (1992年8月10日クールーにて)
機能 使い捨て型ロケット
製造 アリアンスペース
開発国 ヨーロッパ
大きさ
全高 58.72 m (192.7 ft)
直径 3.8 m (12.5 ft)
質量 240,000 - 470,000 kg (529,110 - 1,036,175 lb)
段数 2
積載量
LEOへの
ペイロード
5,000 - 7,600 kg (11,024 - 16,756 lb)
GTOへの
ペイロード
2,000 - 4,300 kg (4,410 - 9480 lb)
打ち上げ実績
状態 退役
射場 フランス領クールー
ギアナ宇宙センターELA-2
総打ち上げ回数 116
成功 113
失敗 3
初打ち上げ 1988年6月15日
補助ロケット 段 (アリアン 42L, 44LPまたは44L) - PAL
エンジン バイキングエンジン 6基
推力 752.003 kN (169,057 lbf)
比推力 278 秒
燃焼時間 142 秒
燃料 四酸化二窒素/非対称ジメチルヒドラジン
補助ロケット 段 (アリアン 42P, 44LPまたは44P) - PAP
エンジン
推力 650 kN
燃焼時間 33秒
燃料 CTPB 1613
第1 段 - L220
エンジン バイキング 5C 4基
推力 3,034.1 kN
比推力 278 秒
燃焼時間 205 秒
燃料 四酸化二窒素/非対称ジメチルヒドラジン
第2 段 - L33
エンジン バイキング 4B 1基
推力 720.965 kN
比推力 296 秒
燃焼時間 132 秒
燃料 四酸化二窒素/非対称ジメチルヒドラジン
第3 段 - H10
エンジン 1 HM7-B
推力 62.703 kN
比推力 446秒
燃焼時間 759秒
燃料 液体酸素/液体水素

概要編集

アリアン3の拡大型であり、1段目に大型ブースターを追加している点が大きな相違点である。1983年より開発が開始され、初打ち上げは1988年6月15日2003年まで打ち上げに用いられ、実績は成功104回、失敗3回である。

後述のとおりブースターの使用数・状況によって6つの派生型があり、固体ロケットブースター使用の場合はPが、液体ロケットブースター使用の場合はLが末尾に付される。なお、液体ロケットブースターの方が推力が大きい。また派生型は数字の一の位がブースターの使用本数を示す。

世界の商業衛星の打上げ市場において60%のシェアを獲得した[1]

派生型編集

打上げ用途に応じていくつかの派生型が存在した。2または4基の固体燃料補助ロケット(PAP - Propulseurs d'Appoint à Poudre)や液体燃料補助ロケット(PAL - Propulseurs d'Appoint à Liquide)を使用した。Spelda(Structure Porteuse Externe de Lancement Double Ariane,フランス語で'アリアンによる複数打上げのための外部輸送構造物')と呼ばれる装置で1度に複数の衛星を軌道に投入することができた。

基本型であるAR 40は全高58.4 m、直径3.8 m、離陸重量245 t、ブースターなし。主エンジンは4基のバイキング2Bエンジンで、推力は667 kNだった。2段目はバイキング4Bエンジン、3段目はHM7-B型を用いる。2.1 tの静止トランスファ軌道投入か5.0 tの低軌道投入能力をもつ。

最大能力を持つAR 44Lは、4基の液体燃料補助ロケットを使用、第4段を追加して総重量470tに達する。静止トランスファ軌道への4.8 tかに7.6 tの低軌道投入能力を持つ。

なお、アリアン4による静止軌道投入重量の記録は4.946tである。

打上げ実績編集

1988年の打上げ以来116回の打上げで成功率は97%に達する。最後の打上げは2003年2月15日インテルサット907を静止軌道に投入した。

サブタイプ 発射回数 成功回数 失敗日付
AR 40
7
7
-
AR 42L
12
12
-
AR 42P
14
13
1994年12月1日
AR 44L
34
33
1990年2月22日
AR 44LP
26
25
1994年1月24日
AR 44P
15
15
-

退役編集

従来アリアン4が担当していた打上げは後継のアリアン5ソユーズSTが担当する。アリアン4よりも重い物や軽い物はソユーズとセントールを組み合わせて打ち上げる予定である[2]。 ソユーズロケットはペイロードプラットフォームは再使用し、アリアン4から流用した大型の炭素繊維製のフェアリングを使用し、ギアナ宇宙センターから打ち上げられる予定である[3]

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集