アリエル大学(アリエルだいがく、英語: Ariel University、公用語表記: אוניברסיטת אריאל)は、アリエルに本部を置くイスラエル公立大学である。1982年に設置された。大学の略称はアリエル大学。

アリエル大学
Ariel university.logo.jpg
Ariel.university.JPG
大学設置/創立 1982年
学校種別 公立
設置者 シュムエル・シャハム
本部所在地 アリエル
学生数 17,000
学部 工学部自然科学部、健康科学部、社会学部コミュニケーション学部
ウェブサイト http://www.ariel.ac.il/
テンプレートを表示

ヨルダン川西岸地区ユダヤ人入植地であるアリエルに存在する公立大学である。総長はモーシェ・アレンス。学長はかつて駐日イスラエル大使を務めたエリ・コーヘン。学生数は2014年現在14000人ほどである。アラブ系イスラエル人の学生も多い。

大学は、イスラエルでも有数の大学であるとされているが、この大学の存在についてはイスラエルが占領してつくった入植地に建設した大学であることから議論の対象となっている。 イスラエル国内の大学教授によるボイコット運動も起きている[1]

脚注編集

  1. ^ Israeli Academics To Boycott Ariel Universityハフィントン・ポスト 2011年1月10日

外部リンク編集

座標: 北緯32度6分14.0秒 東経35度12分28.1秒 / 北緯32.103889度 東経35.207806度 / 32.103889; 35.207806