この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はダ・シウヴァ第二姓(父方の)はグラサ・フィーリョです。(Template:ポルトガル語圏の姓名)

アリ・ダ・シウヴァ・グラサ・フィーリョ(Ary da Silva Graça Filho, 1943年4月23日[1][2] - )は、ブラジルバレーボール関係者。第4代国際バレーボール連盟(FIVB)会長。

経歴編集

当時副会長[3]だった2012年9月の総会にて、他の米豪2候補(Doug BealChris Schacht)を下して[4]過半数を得て[5]、FIVB会長に就任[6]2016年10月の総会にて、対抗馬なしで再選された[7][8](任期は2024年まで[3])。

ビデオ判定を導入・推進した[9]

脚注編集

[脚注の使い方]
先代:
魏紀中
国際バレーボール連盟会長
2012年-
次代:
-