1943年(1943 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる平年昭和18年。


目次

他の紀年法編集

※檀紀は、大韓民国1948年に法的根拠を与えられたが、1962年からは公式な場では使用されていない。
※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー編集

できごと編集

1月編集

2月編集

3月編集

4月編集

5月編集

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

10月編集

11月編集

12月編集

芸術・文化・ファッション編集

誕生編集

1月編集

2月編集

3月編集

4月編集

5月編集

6月編集

7月編集

8月編集

9月編集

10月編集

11月編集

12月編集

死去編集

ノーベル賞編集

フィクションのできごと編集

  • 日本軍に撃墜された地球外生物の乗り物秩父山中に墜落。調査に赴いた日本軍部隊と墜落機が交戦し、墜落機は破壊される。(小説『鏖殺の凶鳥』)[1][2]
  • 人類と異星連合体(遊星連合体)とのファーストコンタクト。米国を端緒とする各国との無線交信を経て、各国上空に親善船団の飛行物体が出現し、連合国・枢軸国双方の代表と異星連合体使節団の間で会談が行われる。(ゲーム『ロケットの夏』、デジタルノベル・小説『STARDUST SQUADRON 星空に一番近い場所』)[3][4][5]

脚注編集

  1. ^ 文庫化時に『凶鳥〈フッケバイン〉 ヒトラー最終指令』に改題。
  2. ^ 佐藤大輔 『凶鳥〈フッケバイン〉 ヒトラー最終指令』 角川書店2003年、10・274・275・322・346頁。ISBN 978-4-04-373201-2
  3. ^ 『ロケットの夏』オープニングの年表より。
  4. ^ foca 『STARDUST SQUADRON 星空に一番近い場所1』 エンターブレイン2010年、86 - 88・243頁。ISBN 978-4-04-726777-0
  5. ^ foca 『STARDUST SQUADRON 星空に一番近い場所2』 エンターブレイン、2010年、212 - 218・231頁。ISBN 978-4-04-726823-4

関連項目編集